魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > PC音楽Tips(可逆/mp3など) > Google Play Musicに持ってる曲を全部アップロードしたらすごく便利

GPM.png

Google Play Music」。
この頃スピッツのCMでよく見かけるアレです。
近頃はやりの、定額料金で音楽を聴き放題サービスです。

私はどちらかというとストリーミングで音楽を~というのはなじめないなぁと思っていたクチなのですが、
無料でも自分の手持ちの楽曲を最大5万曲までアップロードできる機能があるとのことで、早速試してみました。
手持ちの曲は約15,000曲。


スポンサードリンク

はじめはChromeから直接アップロードしていたのですが、速度が遅いのとアップロードエラーが相当数あって中止。
途中で、アップロードに特化したツールに切り替えたらすんなり出来ました。
それでも半日くらいかかりました。

Google Play Music Manager で音楽を追加する
https://support.google.com/googleplay/answer/1075570?hl=ja

使ってみての感想


フツーに再生できました。プレーヤーもシンプルで使いやすいです。
wifi環境下、特に途切れたりとか音質が悪いとかそんな問題は皆無で快適です。

しかし!
そこには、プレイリストもない、何の重み付けもない約15,000曲がただ並んでいるのです。
ある意味、困惑。
お気に入りの曲の評価を上げたり、よく聴くプレイリストを一から作り上げないとダメな模様。
ローカルの音楽管理ソフトにあるプレイリストを読み込めないかなーと調べましたがよくわからなかった。
チマチマ作業を頑張るしかないのね。

●よいところ
課金すれば3500万曲が聴き放題
いつでもどこでも端末に縛られずネット環境さえあれば聴ける
ローカルにある音楽ライブラリ全てを持ち出せる
再生端末のストレージを圧迫しない

●いまいちなところ
wifi環境でないと厳しい(ダウンロードしてオフライン視聴は可能)
評価やプレイリストを整備しないと大変
たとえダウンロードしたとしても解約したら聴けなくなる

音楽も定額制の時代になったのねぇ


月980円で3500万曲が聴き放題。
洋楽好きならもってこいのサービスだけど、マイナーレーベルとかどうなんだろう…。
好きなジャンルがどれだけ充実しているかでこれらのサービスの価値は左右されますね。

当たり前だけど、課金期間中に曲をダウンロードしたとしても、解約後はその曲は聴けなくなる。
乞食根性でお試し期間中にダウンロードしまくって満足したら解約なんてのは不可能。
…ってことは、その曲をずっと聴きたいなら課金し続けるか、1曲単位で購入しなくちゃならない。
あくまでもストリーミングサービスだってことを理解しておかないと面倒なことになりそうで怖い。

CD実物を手元に置きたいとか、ジャケットやブックレットを手にとって鑑賞するとか
そういう考えは時代遅れになっていくのかな…。

気持ちを切り替えて、新しい楽しみ方を考える


サブPCには音楽をまったく入れずにストリーミングで聴くなど、ライブラリ母艦以外の管理がラクになりそう。

卵型のUSBスピーカー「Olasonic TW-S7」が家に転がっているので、有効活用しようとスマホにつなげてみた。
USBホストケーブル経由であっさりと認識して音が出た!
お部屋のBGMにジャズかけっぱとか、色々面白そう。


https://www.olasonic.jp/usbspeaker/tws7w.html
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク