魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 音楽管理環境を変える iTunesからMusicBeeに母艦移行ホーム > PC音楽Tips(可逆/mp3など) > 音楽管理環境を変える iTunesからMusicBeeに母艦移行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

これ以上の発展は絶望的であろうiPodから、他の非アップル製のDAPへの乗り換えのために、音楽管理環境の変更を迫られている。iPhoneにすることはないという前提。WalkmanまたはAndroidへの乗り換えをイメージした。
結局、音楽ライブラリ管理の母艦をiTunesからMusicBeeに変更した。
iTunesでもまぁ不満はないのだが、もっと軽い使いやすいソフトで管理したいので。

musicbee.jpg

◆続報!NW-A16を買っちゃったぜ
Walkman NW-A16を購入したので、MusicBeeに母艦完全移行 | Refuge
◆移行方法の手順をくわしく紹介!
iTunesからMusicBeeへライブラリの移行方法 | Refuge


スポンサードリンク

現在の環境


●DAP
iPod nano 第6世代(16GB)
Walkman NW-S746(32GB)

●CDリッピング
Exact Audio Copy(EAC)でFLAC+cue変換、mp3変換
タグはPlayerを経由しgracenoteの情報を取得して、EACで埋め込み
mp3はlameエンコーダ使用でCBR 320kbps(ストレージが大容量になるにつれ192kbpsから320kbpsに変更)
タグ整備はSuperTagEditorやMp3tagでID3v2.3(UTF-16)オンリーでタグ付け

●ライブラリの母艦
iPod使いなのでiTunesがメイン
iTunesで楽曲は買わないのでDRMつきの曲は無し
ロスレスはFLAC使用。foobar2000で管理
アートワークはiTunesで埋め込み
歌詞はLyrics Masterを使ってiTunesで埋め込み
Walkman 転送用にx-アプリ使用(iTunesからプレイリストm3uをエクスポート)

コンセプト


リッピング・ライブラリ管理・DAP同期に使用するソフトの数を減らす
iPodの同期が正常にできること(楽曲転送・プレイリスト転送)
mp3のエンコードはlameが選べること
FLAC+cue(CD1枚1ファイル、cue埋め込みも可)作成ができること、または1曲ごとのFLACでも可
タグはなるべくGracenoteを使用できること(絶対条件ではない)

MusicBee


音楽ライブラリ管理の母艦をiTunesからMusicBeeに変更した。
iTunesでも管理機能は不満はないのだが、強いていうならば、FLACが使えないのが不満。
mp3の音が悪い。リッピング精度が甘い。

カスタマイズ最強のfoobar2000を使わず、なぜMusicBeeを選んだかというと、正直カスタマイズに疲れてしまったから。
機能はそこそこでいいからある程度お仕着せのを使い楽をしたい。
機能的に上位なMediaMonkeyも使ってみたが、MusicBeeより処理が重い、ときどき動作が不安定、有料なのが気にくわない(有料機能が他の無料ソフトでもできる)ので却下。

●MusicBeeの良いところ
  • 動作が軽い 検索が早い
  • リッピング性能がよい(EACのようなAccurateRipやセキュア取り込みやオフセット設定が可能)
  • FLAC(cue埋め込み)の作成・再生可能
  • lameエンコでのmp3可能
  • アートワークを自動検索でき、埋め込める
  • iTunesのプレイリストを自動でとりこめる
  • iTunesのレートと再生回数をちゃんと引き継げる
  • 歌詞の自動検索と埋め込み(日本語歌も有志のプラグインで可能)
  • パネルの配置などある程度のレイアウトの自由がある

musicbee.jpg

●MusicBee公式サイト
http://www.getmusicbee.com/

●外部コーデックの用意
インストールフォルダのCodecフォルダにexeを入れる
○lame(mp3エンコーダ バイナリ)
http://www.rarewares.org/mp3-lame-bundle.php
○AACエンコーダ(neroAacEnc.exe)
http://www.nero.com/jpn/company/about-nero/nero-aac-codec.php
○ALACエンコーダ (ffmpeg.exe)
http://ffmpeg.zeranoe.com/builds/
○AAC/MPEG4のデコーダ(bass_aac.dll)…再生用
http://www.getmusicbee.com/help/codec/
bass_aac.zipをダウンロードして解凍し、bass_aac.dllをMusicBeeがインストールされているフォルダーにコピーする

●愛用プラグイン「Track Previewer」
iTunesの「IntroTunes」みたいな機能。開始・終了秒を指定して曲をプレビュー再生するプラグイン
(プラグインを有効にする表示が出たりでなかったりしてちょっと不安定なのが残念)
Track Previewer - MusicBee - Forum
mb_TrackPreviewer.zipをダウンロードして解凍、インストールフォルダのPluginsフォルダに入れる。
再生中パネルで右クリックして有効にする

●日本歌詞取得プラグイン
2ちゃんねるの本スレで配られていた邦楽に強い歌詞検索表示プラグイン。
http://www1.axfc.net/u/3161987.zip
DLkey:plugin

●問題は転送・同期
  • iPod nano 第6世代の同期はうまくいかなかった(最新のプラグインでも×)
  • Walkman NW-S746の楽曲転送は可能、プレイリストはダメ→S746はm3u非対応。最新機種なら可能
  • Androidへの転送・同期は大成功。プレイリストも完璧


結果


母艦をMusicBee、iPod同期用にしばらくiTunesも平行して運用
x-アプリはプレイリスト転送時のみ(iTunes Musicを監視対象にしない)
起動も速いし、検索サクサク
FLACも同じライブラリ内で管理できるようになった
foobar2000、EACが不要になった。Gracenoteについては、どうしてもの時はEACでリッピングする

●リッピングからDAP転送・同期までの流れ
  1. MusicBeeでリッピング、FLACとmp3を作る
  2. インボックスに送る
  3. タグ付けはSuperTagEditorかMp3tagであらかたつける
  4. MusicBeeでアートワーク、歌詞を埋め込む(マイナー曲はLyrics Master使用)
  5. ライブラリに登録、プレイリストに送る
  6. 整備済みの同曲をiTunesに登録、プレイリストに送る→iPod転送
  7. 更新のあったプレイリストをエクスポートしてx-アプリに送る→Walkman転送
  8. Androidはそのまま同期ぽちっとな
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。