魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 私は弘法大師ではないので筆を選んでしまうのですホーム > 日記 > 私は弘法大師ではないので筆を選んでしまうのです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

年代物の愛用ペンタブ「FAVO」(1999年製www)が調子悪くなったので新しいものを購入。
wacom Intuos Pen & Touch small Sサイズ CTH-480/S0
wacom Intuos Pen & Touch small Sサイズ CTH-480/S0
ずいぶんと小さく、スタイリッシュになりましたねぇ。


スポンサードリンク

スペックも進化しているので(当たり前ですが)なめらかな描き心地です。

COMICじゃないほうのを買ったので、おまけのソフトはPhotoshop Elements 11、ArtRage 3.5 Studio等でした。
Photoshop Elementsについては、アプグレしてない古いバージョンだけど本家を持ってるし、あまりありがたみはない。
ArtRageは意外に出来る子でした!フリーの頃から知っていたけど、水彩が追加され進化していました。

懐かしのPainter ClassicをWindows7に入れてみた


早速、Painter X3の体験版を入れて遊んでみた。
あいかわらず鼻血出る勢いのブラシ宝庫だった!ほ、ほしい…
しかしそこまで金を出すほどうまくないので、毎度のことながら躊躇する。

そういえば…と、昔使っていたソフトをメインマシンに入れてみる。
なんと!
Metacriations版「Painter Classic」がWindows7でも普通に使えた。

懐かしの「Painter Classic」は、メモリが512MB以上だと起動しないという困った仕様。
有志の作ってくれたパッチをあてないと起動しなかったはずのだが、「XP互換モード」で動かしただけでフツーに起動した。
手順は
exeを右クリ、プロパティ→互換性→互換性モードでこのプログラムを実行するにチェック、XP SP3選択、ついでに「管理者としてこのプログラムを実行する」にもチェック、適用、OK。

こんなに単純だったっけ? XPのときはパッチが必要だったはず。ちなみにUACは切っています。
ああ、やっぱり水彩は旧水彩が至高だなぁ。
Essentials 3は持っているけど、どんなに不便でもClassicのほうが楽しい。

ついでなので大型企画進行中


私の絵の傾向は、厚塗り系なので心地よく使えるソフトを物色する旅に出る。
10年くらいデジ絵から遠ざかっていたので、イマドキの人気ソフトの動向が気になり調査中。

うまい人はMSペイントでも素敵な作品ができちゃうものです。
むしろ半端者のほうが道具にうるさいものなのです。便利な道具で助けてもらってなんとか「それっぽい」作品を仕上げるのです(言い訳)。
大がかりになってしまったので、後ほど記事を分けて企画としてまとめようと思う。
関連記事

スポンサードリンク

[ 2014/03/05 ] 日記 | TB(0) | CM(0) | [EDIT]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。