魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 真珠腫性中耳炎入院記(4) 手術前日・手術当日ホーム > 真珠腫性中耳炎 > 真珠腫性中耳炎入院記(4) 手術前日・手術当日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

いよいよ手術!
入院して全身麻酔な手術は人生初なのでちょっと不安。ドキドキ。


スポンサードリンク

2013/02/24 入院2日目・手術前日


手術前に外泊。朝お通じあり。これで浣腸はないだろう。
しばらく入浴・洗髪できないので念入りに入浴する。
16時30分頃病棟に戻る。

早速、体温・血圧・血中酸素濃度を測定される。
ネームバンドを装着。
手術をする左耳側の手の甲にマーキングされる。購入したT字帯を看護師さんに渡す。

病室で荷物の整理後、病衣に着替えて病棟内を探検。
手術室みてきたー!ひとけがなくてこわい…
DSCN1219.jpg

18時、夕食、初の病院食である。
ベッドまで届けてくれるが、食後は自分で膳を返しに行くシステム。
BSの大河ドラマを見ながら食す。
意外とおいしかった。ご飯の量が多いので半分残す。

あれ?そういえば髪は剃らなくていいのかな?
19時、バイタルチェックの際に看護師さんにきいてみると切らなくてOKと!
ラッキー。
(でも、ばい菌はいらないのかな?)

21時から禁食。深夜0時から禁飲食。
消灯は21時。22時くらいには就寝。
不安で眠れないのかと思っていたが、ぐっすり寝たwww


2013/02/25 入院3日目 手術当日


6時 起床。バイタルチェック。
6時30分 洗顔・歯磨き
術前補水食として、ネスレ日本の「アイソカル アルジネードウォーター」125ml×2が配られる。
http://www.nestlehealthscience.jp/products/13.html
手術後の吐き気を減少させる効果があるらしい。ポカリスエットのような味。
1本だけ飲む。
7時20分 ギリギリでお通じ。カンペキ。なんとすばらしい我が腹。
7時30分 まわりの皆に朝食が配られるが、当然私にはない…食べ物のいいかおりがするうううう!
お腹減ったよ~

8時30分
術着に着替える。下はパンツのみ。加圧ストッキングをはく。
術着は前あわせで、両肩がホックになっているタイプ。
ちょっとブカブカで肩がずり下がってしまうが、気にしないことにする。
(どうせ術中は素っ裸だし)
家族が手術開始までに間に合わないとの連絡。あらら。もし今生の別れだったらどうすんねん…

8時35分
泰地先生があいさつに来る。耳の中を診察する。
よろしくお願いいたしますっ!

8時50分
看護師さんと2人で歩いて手術室に向かう。手術前の点滴はなし。
手術室の前室にはこれから手術を受ける人が4~5人いる。
フルネーム、生年月日、手術をするほうの耳はどっちか最終確認。
アレルギーの有無など簡単な問診。ちょっとドキドキしてきた。

キャップをかぶり、いよいよ手術室へGO!わたしは7番の部屋。
けっこう広い。中はひんやりとしている。
おお!これが無影灯か~。うむふむ~と心の中ではワクテカ気分。
踏み台をのぼってベッドに横たわる。断頭台にのぼる気分になる。
ベッドは温かい。無圧マットのような寝心地だ。
ドキドキしながらも、意識が戻って自分の意思で言葉がしゃべれるなら、第一声を何にしようか考えていた。
ウケ狙いでインパクトがあるやつを。

手早く、心電図、血圧計、血中酸素計、足のマッサージ器が取り付けられていく。
点滴針を打たれる。酸素マスクをあてられて深呼吸。
酸素マスクの材質のにおいなのか酸素のにおいなのか分からないが生臭い。
「じゃあ、お薬いれますよ~」との声と同時に指先からしびれる感じが来た。
すぐに頭が重くなり、貧血みたいな感じで目の前が暗くなりクラクラしてきた。
おお!キタキター!!!!
…意識消失


…意識回復の直前まで、なにやら赤い文字を延々読んでいる夢をみていた。
「おわりましたよー」と遠くで声がして、目が覚めた。

12時30分ごろ
手術終了。
9時麻酔9時30分手術だから約3時間かかったことになる。
意識がはっきりしてきてすぐ、猛烈な吐き気が襲う。
ゲロゲロー!ゲロゲロー!
汗もかいていて非常に気持ち悪い。
看護師さんたちが「汗かいてるね~ふいてあげようね~冷汗かな?ホットな汗なら大丈夫、あつかったのかな~」と話しているのをボーッと聞いていた。

12時40分
泰地先生が家族に手術の説明をしたらしい。
真珠腫を取り除く、聞こえをよくする(耳小骨を再建する)という2つの目的を両方とも達成したとのこと。

13時15分
落ち着いてきたので家族と対面。旦那と母親が待っていた。
意識ははっきりしていたので、前もって考えていた第一声を…
「から揚げたべたい~!」
案の定ウケた。やった。
(冗談だったのに、その話をきいた父が後日お見舞いの際、本当にから揚げを買ってきたwww)

13時30分
手術室を出て、ベッドで病棟に戻る。
リカバリ室に入る。しばらく吐き気が続く。ゲロゲロー。
隣のベッドのおじさんが歌を歌っていた。だいぶ気が紛れました、ありがとう。
そのまま、安静。
眠くなる点滴を入れたらしく、16時くらいまで寝る。
目が覚めたら、さっそく起きあがって歩いて病室へ戻るよう看護師さんに促される。
えええ?もう本当に起き上がって立って歩けるの?
ちょっと心配だったが、よたよたよろけながらも自力で歩いて病室に戻れた。

汗で湿ってキモチ悪い術着からパジャマに着替える。
もう自分で歩いてトイレにいけそうなので、尿道カテーテルを抜くのを許可される。ヤッタ!
するんと抜けて全然痛くなかった。
そのままベッドで安静。
とくに我慢できないほどの痛みは感じられない。少しジンジンするかなという程度。
鏡を見てみる。
包帯ぐるぐる巻き!でもそんなに大げさでもないな。
髪の毛が爆発している。ゴムで束ねなきゃダメだこりゃ。
DSCN1081.jpg

16時30分ごろ
グラグラめまいがする!ヤバイ!と思ったら、地震だった、ビックリした。日光のほうで震度5強でした。
17時ごろ
母が帰路につく。
意識もはっきりし、吐き気もだいぶ落ち着いてきたので上司と同僚に手術成功と携帯メールを打つ。

18時
夕食。といっても流動食。重湯と具のない味噌汁とメロンシャーベット。
DSCN1085_20130803154607ed6.jpg

マジで液体物オンリーなんだなぁー。
食べる気分じゃないけど、お腹は減っているので無理矢理食す。

18時40分
よたよたと点滴台を引き連れて、術後初のトイレ。
なんか尿がいつもと違うにおいがする。点滴のにおいだろうか。
下を向いたら強いめまいがして、気持ち悪くなりせっかく食べた夕食を吐いてしまう。
病室に戻る途中で看護師に報告。

19時30分
旦那が帰る。
疲れたので横になって休む。

21時消灯、点滴パックの交換。
看護師さんに痛みはないか?と聞かれたが、特に眠れないほどの痛みではないので薬はもらわなかった。
痛みは我慢しなくてよい、痛かったら遠慮せず薬を希望してよいとのこと。

今日一日中寝ていたのに、疲れたのか爆睡。
長い一日でありました。
関連記事

スポンサードリンク

ありがとうございます。
[ 2015/04/21 15:03 ] [ 編集 ]
Re:
コメントありがとうございます。
私も他の方の体験談を読んでとても参考になったので、一連の記事を書いた次第です。
聴力回復するなど予後がよいことをお祈りしております。
[ 2015/04/15 12:24 ] [ 編集 ]
初めまして、自分も去年同じ手術をうけました。
入院中にブログを参考にさせていただきました
[ 2015/04/14 15:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。