魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 一太郎で作った文書をコピーして貼り付けると、折り返し位置で改行されるホーム > PC、デジタルTips > 一太郎で作った文書をコピーして貼り付けると、折り返し位置で改行される

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

 一太郎で作成した文書のテキストをコピーして、メモ帳など他のアプリケーションに貼り付けると、折り返し位置で改行されてしまう問題。

 一太郎のバージョン2007以降の新機能「エディタフェーズ」のお節介機能が原因。
エディタフェーズとは、文字・タブ・スペースといったプレーンなテキスト文書の編集に適した画面の作業フェーズのこと。
 この「エディタフェーズ」画面でテキストをコピーして、メモ帳などに貼り付けると、(エディタフェーズ画面の)折り返し位置で改行されてしまう。

また、基本編集画面でないとマクロが実行できないなどいろいろ面倒なことになる。


スポンサードリンク

「エディタフェーズ」画面の見分け方


一太郎2011
ichitaro1.jpg

一太郎2010などの場合
ichitaro3.jpg

作業フェーズの切り換え方

表示 - 作業フェーズ - 基本編集などにする


新規作成で「エディタフェーズ」画面にならないようにする


文書を新規作成するときの作業フェーズを指定するには。

【一太郎2011の場合】
ichitaro2.jpg

表示 - 作業フェーズ - 「作業フェーズ設定」ダイアログ
「新規作成時の作業フェーズ」を「基本編集」などにする

【一太郎2010~2007の場合】
ツール - オプション - オプション -操作環境 - 操作環境
[新規作成時に作業フェーズをエディタにする]を「しない」にする

テキストを開いたときに「エディタフェーズ」画面にならないようにする


テキストをファイル-開くで開いたときに「エディタフェーズ」で表示されないようにするには。

ツール - オプション - オプション - ファイル操作 - ファイル操作
[テキスト読込時に作業フェーズをエディタにする]を「しない」にする

「エディタフェーズ」画面からのコピペで折り返し位置に改行が入らないようにする


「エディタフェーズ」使用時にコピペで折り返し位置に改行自動挿入をしないようにするには。

ツール - オプション - オプション - 操作環境 - コマンド操作
[コピー時にテキスト形式のレイアウトを保つ(行頭行末補正)]を「しない」にする
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。