魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > 生活Tips > 地震災害 まとめ

東京在住が被災者ヅラすんなっていわれそうだが。
今回の震災で学んだことや今後に備えるべき事をまとめてみた。


スポンサードリンク

地震が起きたら



  1. 倒れるおそれがある家具から離れる。安全なところ(机の下など)に隠れる
  2. 落下物・火の元注意。飯時ならすぐにガスを止める。ストーブなども消す
  3. 揺れが収まったら、津波警報の確認。
  4. すぐにドア・窓を開けて避難経路を確保。
  5. 貴重品・最低限の荷物をまとめて、指示に従い冷静に迅速に避難(頭部の保護を忘れずに)


揺れが収まったら(沿岸部なら津波警報が解除されたら)

  • 風呂に水をためる、飲料水確保
  • ATMが止まる前に現金を多めにおろす
  • 店が閉まる前にコンビニやスーパーで当面の食料確保
  • 車庫のシャッターを開けて車を外に出す


徒歩帰宅の教訓


筆者は、今回の震災時職場にいました。そして4時間半かけて自宅に徒歩帰宅。
いろいろ反省点などあり。
携帯電話はつながらない。公衆電話はつながりやすい。
タクシー・バスは長蛇の列。乗れたとしても大渋滞で進まない。
ホテルはどこも一杯でダメ。
職場や公共施設で雑魚寝が嫌な人は、普段から近場で安いホテルを目星を付けておき、携帯からすぐに予約を入れられるようTEL番号を事前登録しておくとよい。


  • 夜間帰宅の場合は無理しないで職場・公共施設に泊まる
  • 帰宅用地図を用意(ルート、給水やトイレ位置、支援施設を確認)
  • 運動靴・携帯ラジオ・懐中電灯・水・食糧・防寒具を用意
  • 同行者は絶対にいたほうがいい。一人で行動しない
  • 公的機関が帰宅困難者支援で施設を開放してくれる。情報チェック!
  • 街の混乱が始まる前にぐずぐずせずに出発


職場での備え



  • 高カロリーおやつ(チョコレート・カロリーメイト・飴)の常備
  • 運動靴
  • 携帯電話の充電器(ソーラー式、電池式、手回し式など)
  • 帰宅支援用マップ
  • テレホンカード
  • あれば懐中電灯と携帯ラジオ
  • 現金(とくに小銭)→公衆電話用


日頃から心がけておくこと



  • 避難場所を確認しておく。津波から避難できる「高台」も確認しておく
  • 携帯はこまめに充電しておく
  • 車を持っている人はガソリンも余裕を持って入れておく
  • 常服薬は常に持ち歩く
  • 寝床の周囲に倒れたり落ちたりするようなものを置かない
  • 現金(とくに小銭)の用意


自宅での備え



  • 飲料水の確保
  • 生活用水の確保(風呂に水をためておく、使用後すぐに抜かない)
  • 米・水・トイレットペーパー・保存食は普段からストックする
  • 卓上ガスコンロ、ガスボンベ
  • ポリタンク(飲料水用)
  • 現金(とくに小銭)
  • テレホンカード
  • 薬(常服薬、風邪薬、解熱薬、消毒薬、軟膏、絆創膏など)の常備
  • 自転車の整備


防災・避難袋 チェックリスト



  • 連絡先リスト、身元確認用の写真(裏に氏名と連絡先)
  • レトルト食品(アルファー米、缶詰、レトルトカレー、牛丼の具など)
  • 保存食品(高カロリービスケットやカップラーメンなど)
  • 長期保存可能な水
  • 携帯ラジオ・懐中電灯 →手回し発電の懐中電灯+ラジオ+携帯充電器タイプが便利
  • 乾電池(エネループなどが便利)
  • 携帯電話の充電器(電池式が便利)
  • マッチ・ライター・ろうそく
  • 防災用防寒アルミシート
  • 三角巾・包帯・救急絆創膏・ガーゼ・マスク・生理用品などの衛生用品
  • タオル・軍手・ロープ・ビニールシート・ポリ袋
  • ティッシュペーパー、ウエットティッシュ
  • カイロ
  • 携帯トイレ
  • 防犯・防災用救助笛
  • 耐熱皿、ラップ





水道水のくみ置きについて


水道水をくみ置く際の留意事項について ~第36報~(東京都水道局)

 成人が1日に必要とする「飲料水」の量は、2リットル~2.5リットル。余裕をもって1人1日分3リットルがくみ置きする量の目安。

  1. 清潔な容器に満杯に水を入れる(空気に触れないよう、あふれるまで注ぐのがポイント)
  2. 直接口を付けて飲まないでコップなどに注ぐ
  3. 浄水器に通さず水道水そのままをくむ(浄水器だと塩素を除去してしまうものもある)
  4. 沸かしてから保存してはダメ(塩素がとんでしまう。沸かすなら飲む直前に!)
  5. 冷暗所保存で常温3日程度、冷蔵庫保存なら10日程度保存できる(※)

 ※保存期間が過ぎても、沸かして飲めば問題ナシ。気持ち悪いなら「生活用水」に使えばOK。

断水時の水洗トイレの使い方


断水時は、バケツ等に水をくみ直接便器内へ流すことで、便器洗浄が可能です。
 ※リモコンなどでの自動洗浄をするタイプのトイレには、たいてい非常用の操作方法が用意されている。いざ停電になってから困るまえに、事前に説明書を確認しておくこと。

断水・給水制限・停電時のトイレ使用について(TOTO)

  1. 汚物の飛び散りを防ぐため便器の周囲の床に新聞紙などを敷く
  2. 便座・ふたを上げる
  3. バケツ1杯(8リットル程度)の水を、水飛びに注意しながら便器に一気に流し込む
  4. さらに静かに3~4リットルの水を注ぐ
  5. 2~3回に一度は、多めの水(10~12リットル)を流す(排水管の途中に汚物が停滞することを防ぐため)

 ※貯水タンクに直接水を入れて流すのはNG!
 タンク内の水だけでは洗浄に必要な水量が不足するので、洗浄不良で詰まりの原因になることも。
 使用する水によってはタンク内部を汚したり破損したりするので注意。

断水時のトイレにはネコ砂が便利!


断水時のトイレにはネコ砂が便利。
吸水と消臭効果で緊急用トイレに利用できる。
便器の中にゴミ袋を装着し用を足す→ネコ砂をかける→トイレの蓋を閉める→一杯になったら捨てる。

ガスメーターの復帰の方法


地震でガスメーターの安全装置が働いて、ガスが止まってしまった場合の復旧方法。

ガスメーターの復帰方法(東京ガス)

  1. すべてのガス機器を止める。元栓を閉める(メーターガス栓は閉めない)
  2. 復帰ボタンのキャップを回して外す。
  3. 復帰ボタンを奥までしっかり押して、すぐ手を離す。
  4. 赤ランプは再び点滅。復帰ボタンのキャップを元に戻す。
  5. 約3分待つ。(ガス漏れ検査中。ここですぐにガスを遣うとガス漏れと判定されるので注意)
  6. 3分経過後、赤ランプの点滅が消えたら、ガスが正常に使えるか確認。

これで復帰しなければ、どこかでガス漏れしている場合や、大元の施設がガス供給停止している場合があります。
ガスの元栓をしっかり閉めて、ガス会社に至急連絡を!

いろいろリンク集


◆災害用伝言サービス
災害用伝言ダイヤル(171) NTT東日本
171の使い方「171+1+家の番号」が伝言吹き込み、「171+2+家の番号」が伝言の再生

NTTドコモ

au

SoftBank

◆地震・災害情報
内閣府防災情報のページ

気象庁|津波警報・注意報、津波情報、津波予報

気象庁|地震情報

地震情報|ウェザーニュース

Yahoo!災害情報

東京都防災マップ

◆交通情報
運行情報:各線運行情報|東京メトロ

運行情報|東京都交通局

列車運行情報|JR東日本

Yahoo!道路交通情報

乗換案内・時刻表・運行情報サービス|ジョルダン

バス時刻表|NAVITIME

◆東京電力、原発関連
東京電力ホームページ

原子力安全・保安院 緊急時情報ホームページ

東日本 計画停電情報

全国の放射能濃度一覧

カオスちゃんねる : 震災・原発関連簡易まとめ


ブログランキングに参加しています。良かったらポチっと押してくれると励みになります。

関連記事

スポンサードリンク

[ 2011/04/20 ] 生活Tips | TB(0) | CM(0) | [EDIT]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク