魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > ソニーの学習リモコン「RM-PLZ530D」を買いましたホーム > 日記 > ソニーの学習リモコン「RM-PLZ530D」を買いました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

先日、ソニーの学習リモコン「RM-PLZ530D」を買いました。
学習リモコンとは、複数台のリモコンを学習させて1台に統合してしまおうという便利な品です。



スポンサードリンク

新型が発売されたばかりなので、現在amazonでは2~3週間待ちになっていますね。

我が家では東芝REGZAテレビ、パナソニックのブルーレイレコーダー2台、ケンウッドのアンプ(Prodino KAF-A55)、室内照明の5台を割り当てました。
PA0_0004.jpg

初期設定は簡単


初期設定は元のリモコンと学習リモコンを向かい合わせて学習させるだけ。
ほとんどのボタンを割り当てることができました。
既定の割り当てが気に入らないところを配置換えして調教完了。

マクロがとても便利


複数の操作を16ステップ学習できるコンポーネントマクロと、4ステップのプチマクロがとても便利!
私は、「アンプの切り換えボタンを長押ししたら、TVを消音→アンプ電源をON→TV音声モードにする」などの割り当てをしました。超快適です!

「カマボコ」形で設置が安定しないのが欠点


このリモコンはテーブルに置いたとき、下側が曲面になっています。
安定が悪く使いにくいので、某所では「カマボコ」と呼ばれ嫌われている模様。
私は ドア・家具などの傷防止に使う「クッションシール」を貼りました。
PA0_0003.jpg

こんなやつ↓ 直径1cm位がちょうど良いかな。
スコッチ クッションゴム CC-02
スコッチ クッションゴム CC-02

人間のほうが学習しなければならない(汗)


さて問題は、どのボタンに何を割り当てたかをユーザーが覚えることですね…。
リモコンの図に割り当てを書き込んで一覧を傍らに置いたり、
テプラなどでシールを作って貼るなどの工夫が必要です。
私は、割り当て図を書いて紙に印刷することにしました。
せっかくなのでPDFをアップしました。
WordやExcelにでも貼り付けて、テキストボックス等でボタン名を書き込んでお使い下さい。
RM-PLZ530Dの配置図(pdf)

すこしの欠点はあれど、とても便利。良い買い物でした(^_^)

ブログランキングに参加しています。良かったらポチっと押してくれると励みになります。
関連記事

スポンサードリンク

[ 2011/03/18 ] 日記 | TB(0) | CM(0) | [EDIT]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。