魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > PC、デジタルTips > オンラインソフトとのつきあい方を再考 UACとVirtualStoreの問題(Windows7)

私の環境は、Windows7 Home Premium 64bitです。
私は、オンラインソフトを利用することが多いのですが、
それらは自動インストーラが用意されていないことが多いのです。
圧縮ZIPを解凍して、自分でProgram Filesに入れなければならないわけです。
で、問題になってくるのがタイトルの「UACとVirtualStoreの問題」なのです。


スポンサードリンク

従来の32bitアプリケーションはWOW64というエミュレーションで動かす形になっています。
デフォルトのインストールフォルダは Program Files (x86)になります。
ちなみに、64bitアプリは無印のProgram Filesにインストールされます。

で、きちんとしたWindows7対応(Vista以降対応)のアプリならば、
インストーラでx86と無印を使い分けてインストールしてくれる…はず。
なのですが、引っ越し作業でいくつかインストールしていると
どう見ても32bitなアプリが、インストーラで標準インストール先を無印にいれようとします。
どっちにしても32bitならWOW64を使うので大丈夫でしょうがちょっと心配…

「UAC」とはシステムファイル書き込みや変更の保護機能であり、
Program Filesにあるものはシステムフォルダなので当然、UACの保護対象になります。
オンラインソフトの多くは、
設定ファイル(iniファイル等)を利用者が手動でいじったりします。
管理者モードで起動していじらないと、UACによって書き込み保護が発動、
単純にブロックすればいいのに、書き換えたファイルを「VirtualStore」という仮想フォルダにコピーして、以降そちらを読み込んで実行するというお節介機能を発動しちゃうのです!!

つまり、本体とは別の所に設定ファイルが置かれそちらで読み書きされていることに気付かないと
アレ?書き換えたのに直ってない?という混乱が起こるのです。

UACの有無を考慮して作られていない品質の低いモノを使うのが悪い
という そもそも論 から始めるつもりはありません。
そんなことは分かってらぁ、でもこのアプリがないと不便なのだ!
という場合の回避方法について考察してみます。

1. UACを無効にする
 単純明快。これでVirtualStoreも働かなくなる。
しかしXP以前のセキュリティになることは覚悟しないといけない。
2. Program Filesにインストールしない
 UACの保護対象外のディレクトリにインストールすれば、VirtualStoreが発動しない。
 OnlinesoftとかToolsとか適当なフォルダを作ってそこに突っ込めばよい。
3. 管理者モードで起動
 ショートカットのプロパティから設定を行うことで常に管理者として実行。でも確認ダイアログが毎回でる。
4. フォルダにフルコントロールの権限を与える
 Program Filesにあるフォルダに対して(フォルダ以下も含む)、フルコントロールのアクセス許可を与えることで、UAC有効下でもファイルの書き込みが可能。
5. 「VirtualStore」のみを無効化する
 レジストリで「VirtualStore」のみを無効化する方法もあるようです。ちょっと怖いかも。支障はないのかしら?

私の場合は、
XPのころからZIP展開式のソフトはOnlinesoftフォルダを作って運用していたので、2.でもいいかな。
ただ、お行儀の悪いアプリだった場合、システムが守られない懸念もありますね。
最善の選択は、
4.の「フルコントロール権限を与える」でしょう。便利さと安全性の両立ができるやり方です。

【参考にさせていただいた記事】
Windows 7のVirtualStoreに泣かされた
VirtualStoreの無効化
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク