魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 大手家電量販店の延長保証を徹底比較!ホーム > 生活Tips > 大手家電量販店の延長保証を徹底比較!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

家電量販店の延長保証を徹底比較しました。
店舗によって微妙に違うので、注意しなくちゃ!
やっぱりヨドバシの保証が最弱。値引き渋いくせになにこの糞内容…
なにげにコジマもひどい。
ケーズ・ヤマダ・ビックは買うものと値引き額で店を選ぶのが賢い消費者ですね。

ノートパソコンの液晶バックライトやHDD、液晶テレビの液晶バックライト、レコーダーのHDDやドライブのピックアップなどは、消耗品扱いで対象外になることが多いので事前に確認しましょう。
基本は自然保証のみ。過失での落下破損や落雷・火災・水濡れ対応はオプションがない限り対象外。
初期不良はなるべく早く(7~8日以内)にお店に行かないと新品交換ではなく修理対応になるので、よ~く規約を読むことが大切です。
※以下のまとめは執筆当時のものです。約款は変更される可能性があります。ご了承下さい。

大手家電量販店の延長保証(長期保証)を徹底比較 第2弾

2012/05/28追記
【注意喚起!】
ヤマダの延長保証(無料・有料〈現金・ポイント〉・The安心)の保証内容が2012/06/01あたりから大幅改悪されました。現在も内容が二転三転しているのでご注意下さい。
改悪後の公式な証書を手に入れてないので確定情報ではないのですが、改悪されたのは確かです。購入時に店員からよく説明を聞くこと!!!

ヤマダ電機の長期保証が改悪された模様


スポンサードリンク

もくじ


ヨドバシカメラ
ビックカメラ
ヤマダ電機
コジマ
ケーズデンキ

ヨドバシカメラ


規約:http://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/guarantee/index.html

◆対象商品:税込1万円以上の指定商品(大型4品目は除く、パソコン、デジタルカメラ、デジタルオーディオ、DVDレコーダー、ゲーム機など)
保証年数:5年
掛け金:購入金額の5%分のポイント
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:1年目100%、2年目80%、3年目70%、4年目60%、5年目50%
修理回数の制限:1回限り
保証対象金額:購入金額上限
免責金額:なし
修理費用が保証対象金額を超過した場合:超過分を自己負担
注意事項:
 ・加入は店頭のみ。WEBショップでの購入は対象外
 ・出張修理の場合、一旦修理代を支払い、後日店頭にてポイントで返還

◆対象商品:税込1万円以上の4品目(エアコン・冷蔵庫・14インチ以上のテレビ・洗濯機)
保証年数:5年
掛け金:購入金額の5%分のポイント
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:なし
修理回数の制限:なし
保証対象金額:修理代金全額保証
免責金額:なし
修理費用が保証対象金額を超過した場合:-
注意事項:
 ・加入は店頭のみ。ヨドバシ・ドット・コムでの購入は対象外
 ・出張修理の場合、一旦修理代を支払い、後日店頭にてポイントで返還

ビックカメラ


規約:http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/information/service/reg_l_guarantee.jsp
WEBショップ
http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/information/service/guarantee.jsp
店頭
http://www.biccamera.co.jp/shopguide/service/long_gurantee/index.html

対象商品:税込14,800円以上の指定商品
保証年数:3年・5年・10年(10年は店舗のみ
  10年…税込10万円以上の冷蔵庫及びエアコン
  3年…パソコン、パソコン周辺機器、プリンター、ポータブルオーディオ機器、ポータブルゲーム機。
  5年…上記以外の家電製品
掛け金:購入金額の5%分のポイント
落下保証(動産保険):店舗のみオプションあり(1年間のみ)
経過年数による減額:なし(10年保証商品は6年目~10年目は30%が上限
修理回数の制限:なし
保証対象金額:購入金額の80%上限
免責金額:パソコンのみ1万円免責(1万円以下の場合は全額負担)
修理費用が保証対象金額を超過した場合:代替品提供で終了
注意事項:
 ・店頭のみ全損保証オプション「総合補償」あり。購入1年目のみ自己負担金2000円で全損時新品交換できる(延長補償を付けず全損保証のみ単独加入の場合525円)

ヤマダ電機


2012/05/28追記
【注意喚起!】
ヤマダの延長保証(無料・有料〈現金・ポイント〉・The安心)の保証内容が2012/06/01あたりから大幅改悪されました。現在も内容が二転三転しているのでご注意下さい。
改悪後の公式な証書を手に入れてないので確定情報ではないのですが、改悪されたのは確かです。購入時に店員からよく説明を聞くこと!!!

ヤマダ電機の長期保証が改悪された模様

◆無料保証
規約:http://www.yamada-denkiweb.com/item/list.php/special/11ct9/tm954/
対象商品:パソコンを除く指定商品
保証年数:3年・5年・10年
 10年…10万円以上のエアコン、冷蔵庫
 5年…5万円以上のテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、マッサージ機、電子レンジ、掃除機、炊飯ジャー
 3年…3万円以上のテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、マッサージ機、電子レンジ、掃除機、炊飯ジャー
掛け金:無料
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:なし
修理回数の制限:なし
保証対象金額:修理代金全額保証
免責金額:なし
修理費用が保証対象金額を超過した場合:-(部品供給不可・修理不可の場合は保証適用外)
注意事項:
 ・WEBショップではアイコンがあるもののみが対象。ないものは「The安心」オプションをつけるしかない。


◆有料保証
規約:http://www.yamada-denkiweb.com/contents/contents/guide8.html
対象商品:税込10,500円以上の指定商品(パソコン含む)
保証年数:5年
掛け金:購入金額の5%(ポイントまたは現金)
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:
   現金払いの場合…減額なし
   ポイント払いの場合…1年目100%、2年目80%、3年目70%、4年目60%、5年目50%
修理回数の制限:なし
保証対象金額:購入金額上限
免責金額:なし
修理費用が保証対象金額を超過した場合:超過分を自己負担
注意事項:
 ・掛け金をポイントで払うか現金出払うかで内容が違う!なるべく現金で払おう
 ・部品供給不可などで修理不能の場合は、代替品提供で終了。
 ・WEBショップでは現状一部ビデオカメラのみ対象。ないものは「The安心」オプションをつけるしかない。
 ・「The安心」http://www.yamada-denkiweb.com/item/detail.php/7962982016…年会費3832円でエアコン・冷蔵庫を製造後9年間、20インチ以上のテレビや電子レンジ、洗濯機を製造後6年間、他店購入の商品を含めて修理費無料で世帯単位で保証。パソコンは対象外。

コジマ


規約:http://www.kojima.net/information/kojimaclubinfo/02/0210_2.html

◆無料保証
対象商品:5万円・10万円以上の指定商品
保証年数:5年・10年
  10年…10万円以上のエアコン、冷蔵庫
  5年…10万円以上のパソコン、5万円以上のエアコン、冷蔵庫、冷凍庫、オーブンレンジ、炊飯ジャー、洗濯機、掃除機、マッサージ機、テレビ、ビデオデッキ、コンポなど
掛け金:無料
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:1年目100%、2年目80%、3年目70%、4年目60%、5年目50%
パソコンのみ1年目100%、2年目50%、3年目40%、4年目30%、5年目20%
修理回数の制限:なし(パソコンは1回限り
保証対象金額:修理代金の累計が購入金額上限
免責金額:なし(パソコンは3万円
修理費用が保証対象金額を超過した場合:超過分を自己負担
注意事項:
 ・10年保証の6年目からは購入金額の30%が上限
 ・2回目以降の修理は、「購入金額から前回までの補償金額の累計を差し引いた残高」と「1回あたりの補償の上限額」のうちどちらか低い金額まで補償
 ・火災・落雷は保証対象内

◆有料保証
対象商品:税込1万円以上の指定商品、10万円以上のパソコン
保証年数:5年
掛け金:購入金額の5%分の現金
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:1年目100%、2年目80%、3年目70%、4年目60%、5年目50%
パソコンのみ1年目100%、2年目50%、3年目40%、4年目30%、5年目20%
修理回数の制限:なし
保証対象金額:修理代金の累計が購入金額上限
免責金額:なし
修理費用が保証対象金額を超過した場合:超過分を自己負担
注意事項:
 ・加入は店舗のみ
 ・10万円未満のパソコンの場合、一律5,000円で加入可能
 ・火災・落雷は保証対象内

ケーズデンキ


◆無料保証
規約:
http://www.ksdenki.com/ec/inc/introduction/free_warranty.html
http://www.ksdenki.com/ec/inc/guide/support/long_support.html
http://www.ksdenki.com/ec/inc/guide/support/long_support_rule.html
対象商品:3万円以上の指定商品(パソコン・デジカメなどは指定商品対象外
保証年数:3年・5年・10年
 10年…10万円以上のエアコン、冷蔵庫
 5年…5万円以上のテレビ、レコーダー、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、レンジ、掃除機、炊飯ジャーなど
 3年…3万円以上のテレビ、レコーダー、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、レンジ、掃除機、炊飯ジャーなど
掛け金:無料
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:なし
修理回数の制限:なし
保証対象金額:修理代金全額保証
免責金額:なし
修理費用が保証対象金額を超過した場合:-
注意事項:

◆有料保証
規約:
http://www.ksdenki.com/ec/inc/introduction/safety_warranty.html
http://www.ksdenki.com/ec/inc/guide/support/charged_warranty_rule.html

対象商品:購入金額が税込10,500円以上
保証年数:3年または5年
 5年…パソコン、ディスプレイ
 3年…プリンタ、デジタルカメラ、スキャナ、デジタルフォトスタンド、電子辞書、ポータブルナビゲーション
掛け金:購入金額の5%分の現金
落下保証(動産保険):なし
経過年数による減額:なし
修理回数の制限:なし
保証対象金額:購入金額上限
免責金額:なし
修理費用が保証対象金額を超過した場合:代替品を提供(自己負担修理は不可、所有権放棄)
注意事項:
 ・10万円未満のパソコン本体は、保証料が一律5,000円

◆関連記事
大手家電量販店の延長保証(長期保証)を徹底比較 第2弾

ブログランキングに参加しています。良かったらポチっと押してくれると励みになります。
関連記事

スポンサードリンク

[ 2010/09/07 ] 生活Tips | TB(0) | CM(3) | [EDIT]
ICカード管理での勤怠管理データが消える!?
時々、大規模な労働管理データが消えるらしいが、これ、繁忙期に起こらないか?
であるならば、証拠データを消している事になる。
現代において、ペーパーベースで管理なんて、スマートじゃないじゃん。
ましや、社員を全く信じないヤマダ電機が、そんな「落ち度」を残すわけないよ。
[ 2014/08/29 12:32 ] [ 編集 ]
残業代もディスカウント!
ヤマダ電機では、労働時間もディスカウントしてます。
会社が定めた所定労働時間(7h30m)を超え、法定の8時間までの間は『法定内残業』となりますが、これは割増賃金(25%)が不要と言うだけで、残業代の支払いは発生します。
8時間を超えると、みなさんにもなじみのある『法定外残業』となり、25%の割増賃金を上乗せした支払いが生じます。

具体的に、10:00~20:00円とした場合
{1}10:00~18:30・・・所定内労働時間
{2}18:30~19:00・・・法定内残業
{3}19:00~20:00・・・法定外残業(25%割増)

{1}{2}{3}ともに賃金の支払い対象です。
ヤマダは、{1}{3}だけを賃金支払い対象としています。
{2}については、『法内残業だから、付かないよ』と言っています。
これ、「25%」は付かないと「残業代そのもの」が付かない、の誤解を誘因し、支払いを逃れていると考えられる。
また、労働基準監督署への報告を1人当たり0.5h短くできるので、事業所が大きいヤマダでは、書類上、良い子ちゃんになってしまう。

社員の出退勤はICカードで管理しており、かつ、残業申請はペーパーで30分差し引いた申請になっている。
「勤怠(個人管理)」から、勤務時間を印刷し、ペーパーのコピーを労働基準監督署に持っていって、相談してご覧、きっとアクション起こすよ。

しかし、残業時間に厳しいはずの会社は、残業時間のカウントをその0.5hを含めた報告にするか、含めない報告にするかは、管理職が考えているくらいだから、「組織的犯行」と考えても無理はないと思う。

ヤマダ電機の労働組合が出来たのに、そんな問題を放置していいのか?
社員達は、山田昇の奴隷じゃないぞ!

[ 2014/08/29 12:23 ] [ 編集 ]
ヤマダ電機の修理規定は?
ヤマダ電機は、系列、または委託先会社に修理を出します。
これは、ヤマダが親会社で、修理先は全部子会社。
ここでの修理品目が「保証対象」であり、子会社でどうにもならない部品類が「保証対象外」にされたのでしょう。
液晶やモーター、HDDなどについては、メーカーから購入しないといけないので、利益率が低くなる=保証対象外なんでしょう。
他の部品類については、安く購入でき、利益率も高いから、保証対象なんでしょうね。
[ 2014/08/29 12:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。