魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 「Angel Beats!」最終回「Graduation」感想というより妄想ホーム > アニメ感想2009- > 「Angel Beats!」最終回「Graduation」感想というより妄想

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

まぁ、一言で言えば「なんだこれwwww」
ひどい最終回でした。いや、全編通してひどい作品でした。
しかしながら、うっかり、アホな最終回に真剣に考察してしまいました。

自分では、そんなに真剣にAngel Beats!を見ていないつもりだったけど、
もしかしてすごくハマってたのかと自分で自分に驚いた。
以下、もしかして何も考えてないアホを相手に考察している自分が虚しくなるほどの長文でござりまする。


Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]「Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]」


監督:岸誠二
発売元:アニプレックス
発売日:2010/06/23
(Blu-ray)


スポンサードリンク

最後の最後で音無くんが、男の欲望丸出しだったのは笑えたけれども、
ある意味、彼が“成仏”するには必要だった感情なのではないかと思うのです。

ANGEL PLAYERの制作者は、報われた人生を送ったのに記憶喪失でこの世界に迷い込んだ。
そして、この世界で、“彼女”に対し愛が“芽生えた”。
イレギュラーである自分は消えない。それがあの世界のバグ。
彼女は消えてしまった。
絶望した彼は、消えることができない自分をNPC化し、芽生えた愛をリセットした。
そして、二度と同じ事が起きないように、世界にリセットシステムを組み込んだ。
愛が芽生えてしまうと この世界は永遠の楽園になる。
しかし、この世界はそうなってはいけない。
何故ならここは卒業していくべき場所だから。

無気力だった音無くんが妹を失って、誰かの為になりたいという願いをもち、
列車事故で死ぬ間際で、誰かの為になれる(予定)と納得して死ねたのに
あの世界に来てしまったのは、
彼が記憶をなくしていたからだろうか。
記憶が戻っても成仏しなかったのは、本当に仲間を成仏させたかったからだろうか。
では、最後に告白せずに天使ちゃんを成仏させていたら彼は消えたのだろうか。

自分が“納得”すれば成仏できる。
仲間をすべて成仏させたい。それが彼にとっての納得のつもりだった。
あの世界で愛が芽生えたら、ずっとあの世界から出られない。


ということは音無くんは成仏できないことになる。
彼は天使ちゃんを成仏させたくなかった。
一緒にいたいと願った。愛してしまった。
成仏フラグを自分でへし折っているわけだ。
天使ちゃんはいい子だなぁ。
彼の申し出を断ることでしか彼の成仏が成立しないことを分かってる。
そして、音無くんも天使ちゃんを追うように成仏していた。
不本意ながら天使ちゃんを見送って、彼は「納得」できたから成仏したのだろうか。
違うな、と思う。

音無くんにとっての成仏するためのトリガーは、
「誰かの為になりたい、助けたい、その実感を得たい」
ではなかったのではないか。

たとえ天使ちゃんを(気持ちを抑えて)成仏させていたとしても
彼は消えることはなかったのではないかと思う。
あの世界に残り、あそこへ迷い込んだ人々を救っていく気でいたのだから。
天使ちゃんと一緒でないから、一人になってしまったから成仏というのはなんか違う。

下手をすればAngelPlayerの制作者と同じような道を辿りかねない状況だった。
イレギュラー且つ愛が芽生えてしまった音無くんが成仏できたのはなぜか。

最後の最後で音無くんが、男の欲望丸出しになったことが肝なのでは。
これまで、異常なほどの自己犠牲と善人思考だった彼が
最後に本当の「欲望」を露わにした。
無気力→だれかの為になりたい それだけでは足りない。
彼が強く思う本当の心、「~したい」という欲望を持つことが成仏フラグだった。

そう考えると音無くんの最後の情けなさ、醜さ、それも意味があった。
音無くんヒドス! けどよかったねと思える。
つまり「強く願うこと」それが事態を打開するためのフラグなのだ。

と、ここまで真面目に考えて、しょーもない事を思いついてしまった。

天使ちゃんに心臓をあげたので、音無くんは空っぽの器。パーツが足りていない体。
天使ちゃんが成仏しないと器も成仏できない。
天使ちゃんが未練をもってあの世界に来てしまった為に
先に死んでいた音無くんも召喚されてしまった。
天使ちゃんが音無くんに「ありがとう」を言う為だけに。

まさか、ただそれだけだったのか?

だとしたら、それはそれでヤバイオチだと思う。
「心臓=魂」論を支持したともとれるし、
「五体満足で三途の川を渡らないと成仏できない」という意味にもとれる。
いいのかなぁ…。

ロクでもない話、矛盾だらけ、穴だらけの作品のほうが好き勝手に妄想できるなぁと実感できたわ。
だーまえ様!楽しませてくれて、ありがとう。
鍵信者なんかじゃないんだからねっ!
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

(アニメ感想) Angel Beats! 第13話 「Graduation」
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る いよいよAngel Beats!最終回・・・。さあ今回は静かに濃厚に語っていきますかね・・・。 ☆<06/26更新>前回、Angel Beats!コーナー 第12話 「Knockin'on heaven's door」の感想をポッドキャストにて収録! ...
「Angel Beats!」13話 Graduation
SSSの卒業式。 5人だけの手作り感溢れ兼ね役もある卒業式はなかなか面白かった。 奏の戦歌の作詞は戦歌というより麻婆豆腐の歌だった。麻婆...
[2010/06/29 21:06] 蒼碧白闇
Angel Beats! 第13話 「Graduation」 <終>
影との戦いから三日が経過した「Angel Beats!」の最終第13話。 ネタ「格闘中」もどうぞ。 保健室のベッドの上で目を覚ますゆり。 音無、日向...
[2010/06/29 02:06] ゆる本 blog
Angel Beats! 最終回「Graduation」
Keep The Beats!いい音楽、楽しい笑い、みんなに愛されたTKw そんな作品だったこのアニメも今回で最終回。 驚愕の展開でした!!!
[2010/06/29 00:05] 明善的な見方
Angel Beats!13話(最終回)
一体いつどこでお前らが師を仰いだっつーのよ。というわけで、「Angel Beats!」13話(最終回)好きな女の子と世界で二人っきり計画の巻。ゆりっぺが寝てる間に成仏という名のジェノサイ...
[2010/06/28 23:14] アニメ徒然草
Angel Beats! 第13話「Graduation」 (最終回)
Angel Beats! デスクマット(2010/08/25)キャラアニ商品詳細を見る 音無・ゆり・奏・日向・直井の5人で小さな卒業式。他のSSSメンバーはいつの間...
[2010/06/28 22:06] 破滅の闇日記
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-2
一般生徒が部活動に勤しんでいる。 そんな夕日射し込む校庭を見つめ、音無は奏ちゃんに話す。
[2010/06/28 19:33] 本隆侍照久の館
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』後半-1
僅かな余韻を残した後、最初に動き出したのは文人だった。
[2010/06/28 19:33] 本隆侍照久の館
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-2
とことで、卒業式が始まる。
[2010/06/28 19:32] 本隆侍照久の館
Angel Beats! EPISODE.13『Graduation』前半-1
-あれから3日後-
[2010/06/28 19:32] 本隆侍照久の館
Angel Beats! 第13話「Graduation」
五人だけの卒業式
[2010/06/28 18:06] 記憶のかけら*Next
アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」感想
アニメ Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 どうしてもハッピーエンドにさ...
[2010/06/28 16:03] とっくりん
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。