魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > 日記 > 37Z9000が我が家にやってきた

2月末日購入、3月はじめに我が家に来た東芝 REGZA 37Z9000。
だいぶ操作も機能も把握してきたので感想をまとめます。

 

巷ではもう店頭には在庫はほとんど無いようです。
4月からエコポイント対象外機種なのでお店もお客も3月中になんとかしたかった模様。
新機種がLED搭載とかHDDから他社レコーダーへもTSムーブ可能とかついてきたらチョット悔しいかも。

 

…とか言ってたら37Z9500の発表ありました。

ぜんぜんスペック変わらないwww
エコポイントが目減りして、初動19万前後として…9000を買って良かった。。。

けっこうマジにレビューしちゃいます。



スポンサードリンク

 

画質は文句なし 美しいは正義

25型4:3ブラウン管からの買い換えなので、アホみたいに綺麗でビックリ。
グレア液晶は言われているほど映り込みは気にならなかった。
むしろ黒色などの表現の細かさはグレアだからこそってかんじ。
初期設定の「おまかせ」では少しまぶしかったので、バックライトの明るさを暗く調整。
超解像技術「レゾリューションプラス」の効果は正直よく分かんない(笑)
オンにしてもオフにしても綺麗なんだもん。
慣れれば違いが分かるヒトになるのかしら。
TSにくらべて残念な画質なのだろうと覚悟していたVR録画(SP)のアニメがそこそこ美しかったのはもうけもの。


録画機能はすごく便利

記憶するレグザ恐るべし。B-CASカード2枚刺し!
W録しながら、さらに違うチャンネルの地デジ視聴も可能なんて狂気の沙汰
トリプルチューナーって凄いな。
どんだけテレビっ子が作ったんだこのTV!って感じ。
おかげで録画や2画面モードの制限はほとんど無いに等しい。
設計した奴出てこい、イイコイイコしてやる
安価な市販の外付けHDDで録画できるのは本当に素晴らしい。
1TB超のレコーダー買うより安上がりだし。

その気になればハブ繋げて恐ろしい容量の録画もできちゃう。

番組表からの録画予約も非常に簡単。録画物を見るのも簡単。便利すぎる。
見て消し用途なら、レコーダーがすっかり干されてしまう予感。すでにその兆候アリ。


惜しいところは、録画した番組の編集はほとんどできないこと。
チャプターを打ったり、サムネイルを付けるとか一切できません。
簡易録画機能として割り切るしかない。
録画モードもTS一択なので注意。1TBなんてすぐ足りなくなる。
録れるのはTSだけということは…
アナログ・CATV・外部入力は当然録画できないので注意。
CATVでSTBからトラモジで見ている家庭には残酷だな。
予約が32件までってのも、もっと増やしてほしい~。(実際そんなに予約しないけど)

Eメール予約に苦戦

VARDIAは簡単にできていたのでなぜ?っと焦った。
プロバイダメールでもヤフーフリーメールでも失敗。
結局、件名を空白にせず適当に何か書く、ちゃんと本体電源でON/OFF、USBキーボード繋げて慎重に打って成功した。
しかし、正直いって使い物にならないです。
設定は成功したけど通常は使用しないつもり。
理由は…
予約確認メールが届かないこと。REGZAはメール送信に25番ポートしか使えない。
イマドキのメールは大抵「Outbound Port 25 Blocking」を採用していて25番は使えない。
だから
予約が失敗したのか成功したのかをメールで確認できないので、
録画が始まるまで分からない。
とても不便。
これはVARDIAでも同じ。いまどき25番はありえん。なんとかしてよ東芝さん!
しかもZ9000はメールチェック間隔が最短で2時間ごと
…素直にVARDIAでメール予約することにします。

音質は期待するほうが間違ってる

初期設定だとかなりショボいです。高音がシャカシャカしてる。
微調整すればかなりマシになったけど、アンプあるなら是非繋いだ方がいい。
薄型テレビに載せるスピーカーの程度なんて、たかが知れてるので、映画などを楽しみたいならちゃんとしたホームシアターセット買った方が幸せになれると思う。

アナログダビングはそこそこ使える

REGZAで外付けHDDに録画したものは基本的にディスクに残すことはできないと思っていい。
東芝製の限られたレコーダーにしかTSダビングできないし、
しかも東芝の今のラインナップでは最終的にブルーレイにする事さえできない。
(こないだ出たD-B1005Kなどは不可能。X9などでレグザリンクダビングしてiLINK付きのパナなどのBDレコに移せば可能。めんどくさい上に金がかかりすぎる。)


それでも、どうしても、この番組を残したいの!!!!
って人には「アナログダビング」機能はそこそこ使える。
SD画質(480i)のアナログ画質でも我慢できるならば、とりあえずDVDには残せる。
再生してそれを録画しているだけなので、早送りすればそのように録画されるのでいじっちゃダメ。
流石にTSとくらべるとかなり残念な画質なのはしょうがない。
レコーダーで直接VR録画(SP)したものとアナログダビングでSP録画を比べてみたが、
やはり直接録画のほうが綺麗。
それでもなんとか保存する道はあるというのは安心だ。
これに懲りて、少しでも残す可能性があるならレコーダーで録画すればよいのだから。

メモ:
出力端子設定はデフォルトは「音声出力」なので「録画出力」に変更すること。
録画出力設定は、アナログダビングの時は「再生時出力」
REC-OUTでレコーダーで予約録画するときは「録画時出力」
どちらも使うなら「再生時出力」にしておけばOK。


そのほか

テレビでYahoo!ができる機能。ちょっと検索、とか続きはWEBで!などに便利。
しかし、レスポンスは遅いし、ウイルス対策ソフトも入ってないし、マウスも使えない。
PCがあるから積極的には使わないと思う。
「ゲームモード」については、うちにゲーム機がないので分かりません。


結論

買って良かった。満足です。
関連記事

スポンサードリンク

[ 2010/03/25 ] 日記 | TB(0) | CM(0) | [EDIT]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク