魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > foobar2000で可逆→mp3 再生・変換よくあるトラブルまとめホーム > PC音楽Tips(可逆/mp3など) > foobar2000で可逆→mp3 再生・変換よくあるトラブルまとめ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

可逆圧縮(ape、tta、tak、flac、mka)形式の音楽ファイルをfoobar2000で再生、さらにmp3に変換する際によくあるトラブルをまとめました。

foobar2000は高機能な反面、ビギナーには敷居の高いソフトです。
細かい設定は英語だし、wikiも専門的で初心者にぜんぜん優しくない。

以下のトラブルシューティングを見てウンザリした人はfoobar2000は向いていないと思います。
もっと簡単にできるソフトは他にあるでしょう。
いっそ、DAEMONでマウントしたほうが楽かもしれません。
どうぞ、そちらを選んでください。

それでもなお、手間のかかる可逆圧縮ファイルを扱い、かつfoobar2000を選んだのならば、あきらめずに解決を目指しましょう!

foobar2000(v1.1)のやりかたはこちら
foobar2000(v1.1)仕様変更対応 可逆(ape/flac/tta/tak)→mp3変換 注意点


スポンサードリンク

目次



  • はじめに
  • Unable to open item for playback (Unsupported file format)
  • Unable to open item for playback (Object not found)
  • cueシートの見方・編集の仕方
  • Unable to open item for playback (Error parsing cuesheet: invalid xxxx syntax (line y)
  • アルバムが1つにつながって表示、再生してしまう
  • freedb Taggerの項目がない
  • 再生はできるがmp3に変換できない
  • mp3変換の際、変換後ファイルの保存先を指定できない
  • mp3をID3v2.3のみでタグを書き出したい

はじめに


エラーの文をよ~く読んでみましょう。
英語ですがちゃんと何が駄目なのか教えてくれています。
コンポーネントのセッティング、cueのチェックは最重要ポイントなのでよく見直してみてください。

以下、エラーやトラブルの現象別に原因と対策を説明していきます。

Unable to open item for playback (Unsupported file format)


foobar2000さん「音楽ファイルのフォーマットが対応していないから開けないよ。」

●原因
可逆圧縮された音楽ファイルを開くためのデコーダーが入っていない or 入れる場所が間違っている or 古い

●対処法
最新版のコンポーネントを正しい場所に入れましょう。
標準の「正しいコンポーネントの置き場所」は↓です。
C:\Program Files\foobar2000\components\


◆flac
調子が悪いときはfoobar2000本体を最新版にするか、再インストールする。
(foobar2000で標準インストールされる「foo_input_std」がFLACのデコードを担当している為)


◆ape (Monkey's Audio)
公式から最新の「Monkey's Audio decoder」を入手。
foobar2000のcomponentsフォルダの中に「foo_input_monkey.dll」ファイルをコピーする。


◆tta
一番トラブル多いです!
ttaのエラーは、ほとんどが「foo_input_tta.dll」が古いのが原因です。
公式から最新版を入手し、適用してください。

【記述を改訂しました】
現在、foobar2000はver.1.0系が最新版です。
ttaの公式では、ver.1.0用、ver.0.9用とも最新版がアップされています。
ご自分のバージョンにあった「foo_input_tta.dll」を適用してください。
v0.9.x用、v0.9.6専用、v1.0.x用と複数種類あります。




◆tak
takはコンポーネントの入れ方にコツがあります。
2つのdllをそれぞれ指定の場所に置かなければいけません。

公式から最新の「TAK Decoder(foo_input_tak.dll)」を入手。
解凍したら「tak_deco_lib.dll」と「componentsフォルダ」に注目!
まず、
tak_deco_lib.dll」をfoobar2000をインストールした場所にコピー。
(標準だと C:\Program Files\foobar2000\)
次に
componentsフォルダ内にある「foo_input_tak.dll」を、
foobar2000をインストールした場所のcomponentsフォルダの中にコピー。
(標準だと C:\Program Files\foobar2000\components\)

Ver 1.x系はVer 1.1.2を最後に開発終了しています。最新バージョンはVer 2.0です。
Ver.2.0のTAK.exeで作成したTAKファイルは以前のバージョンのfoo_input_tak.dllではデコードできません。
公式から、最新のfoo_input_tak.dll(現時点で0.4.4)を入れてください。
ちなみに、0.4.4はfoobar2000のv 1.0以降対応です。
0.9系をお使いの方はfoobar2000をバージョンアップしてください。



◆mka
foobar2000最新版(v0.9.6系以降かな?ちなみに現時点でv1.1)では標準対応です。
つまり、プラグイン「foo_input_matroska」を入れなくてもOKということです。
試しにプラグイン無しの状態でttaとmka変換機を使って(tta+cue)mkaを作成してみたところ、v0.9.6.9では問題なく再生できました。

【注意!】
中にパックされている可逆ファイルの形式に合ったコンポーネントを入れるのを忘れないで下さい!(たとえば(tta+cue)mkaならば、ttaのコンポーネントを入れます。)

◆mkaが正常に再生できない場合
1曲目を再生すると2曲目を再生したり、最後の曲で「Unable to open item for playback (invalid vector subscript)」とエラーが出る場合や、
ファイルを開くときに「Unable to open item for playback (Unsupported format or corrupted file)」とエラーが出る場合は以下のことを試してみてください。

Foobar2000を最新版にしてみる。
ttaの他のバージョンのコンポーネントを試してみる。
ここから最新の「foo_input_matroska」を入手。
foo_input_matroska.dllをfoo_input_matroska_.dllのように改名、これをcomponentsフォルダの中にコピーする。

foobar2000 v1.1ではタグ表示周りで正常に動作しないなどのエラーがあるようです。
バージョンを0.9系に戻すか、他のソフトで再生できるか試してみてください。
他のソフトで再生できるのなら、いっそのことWAVEにデコードしてからmp3に変換すればよいでしょう。
(根本的解決になっていませんが、たまたま中身のファイルのバージョンや圧縮率などの相性も考えられるので、深く考えない方が精神衛生上よろしいかと。)
それでも駄目ならファイル自体が壊れているかも。ざんねん。CDからリッピングし直してね。

Unable to open item for playback (Object not found)


foobar2000さん「音楽ファイルが見つからないよ、だから開けないよ。」

●原因
可逆ファイルが無い or cueシートに書いてあるファイルと違う、可逆ファイルとcueシートが同じフォルダにない。

●対処法
cueシートだけでは再生できません。そして、可逆ファイルだけでもきちんとした再生はできません。
かならず可逆ファイルとcueシートはセットで扱うこと。捨てちゃだめ!
(ファイルの中にcueシートの情報を内包しているtak・mkaは除く)
音楽ファイルとcueは同じフォルダ内に置きましょう。
一つのCD単位で1フォルダを作り、そのなかに可逆ファイルとcueシートがあれば安全&確実。

最大のアリがちミスはcueシートの記述が間違っていることです。
以下、cueシートの見方を説明します。

cueシートの見方・編集の仕方


EACを使って手持ちのCDのイメージファイル(tta)とcueシートを作成してみました。
REM GENRE JPop
REM DATE 2005
REM DISCID 22043604
REM COMMENT "ExactAudioCopy v0.95b4"
PERFORMER "L'Arc~en~Ciel"
TITLE "叙情詩"
FILE "CDImage.tta" WAVE
TRACK 01 AUDIO
TITLE "叙情詩"
PERFORMER "L'Arc~en~Ciel"
INDEX 01 00:00:00
TRACK 02 AUDIO
TITLE "HEAVEN'S DRIVE 2005"
PERFORMER "L'Arc~en~Ciel"
INDEX 01 05:11:05
TRACK 03 AUDIO
TITLE "叙情詩 (hydeless version)"
PERFORMER "L'Arc~en~Ciel"
INDEX 01 08:59:65
TRACK 04 AUDIO
TITLE "HEAVEN'S DRIVE 2005 (TETSU P'UNKless version)"
PERFORMER "L'Arc~en~Ciel"
INDEX 01 14:10:20


ジャンル、年、DISCID、リッピングソフト、アーティスト、CDタイトル、音楽ファイル、そしてTRACK 01~TRACK 04の曲情報になっています。(作成者によっては他の情報もあったりします)

ここで重要なのは7行目の
FILE "CDImage.tta" WAVE」です。
foobar2000を使って可逆圧縮のままで音楽再生をする場合は、このFILE行の記述に注意を払わなければなりません。
Unable to open item for playback (Object not found)
のエラーが出た場合、このFILE行が間違っているケースが非常に多いです。

じゃあ、具体的にどこをどう直せばいいのか。
まず、拡張子がcueのファイルをメモ帳などのテキストエディタで開き、
FILE行をよ~く見てください。
◆正しい例
音楽ファイルが…
wavの場合、
FILE "CDImage.wav" wave
flacの場合、
FILE "CDImage.flac" wave
apeの場合、
FILE "CDImage.ape" wave
ttaの場合、
FILE "CDImage.tta" wave
になっていますか?
(ファイル名CDImageは仮の名前です。手持ちのファイル名に読みかえてください)

よくあるミスは、ttaやapeなのにFILE行が↓のように間違っています。
FILE "CDImage.wav" wave

FILE "CDImage.xxx" wave
拡張子xxxの部分とwaveの部分が肝心です。
違っていたら上記の正しい例を参考に直してください。

Unable to open item for playback (Error parsing cuesheet: invalid xxxx syntax (line y)


foobar2000さん「cueシートのxxxxの構文がおかしいよ、ちなみにy行目だよ。」

●原因
cueシートのy行目のxxxx構文が問題あり。

●対処法
cueシートに中国語が入っている場合や、Unicode文字で書かれている場合に発生しやすい。
メモ帳などで開いてみて、読めないか文字化けしている箇所があると思います。
エラー文で指示されたところ(曲名や歌手名など)を読める文字に直しましょう。

また、FILE行にパスが書いてある場合、その通りの場所にないと当然ながらエラーが出ます。

FILE "H:\hogehoge\CDImage.tta" wave
↓のように直す。
FILE "CDImage.tta" wave

可逆ファイル名や、フォルダに中国語やUnicode文字が含まれていると頻発します。
フォルダを移動するかリネームしてください。

アルバムが1つにつながって表示、再生してしまう


●原因
foobar2000でファイルを開く際、音楽ファイルを開いてしまっている。
●対処法
ttaやape、flacを直接オープンすると、CDが1枚まるごと1曲になって再生してしまう。
曲の情報が書いてあるcueシートのほうをオープンすれば解決!
拡張子cueをfoobar2000に関連づけしてしまえば、ダブルクリックで開けるようになりますよ。

freedb Taggerの項目がない


foobar2000で File - Preferences - Tools - Tagging - freedb Tagger この項目がない。日本語freedbが利用できない。
●原因
foobar2000のインストール時にfullでセットアップしていない。
●対処法
foobar2000をfullでインストールし直しましょう。

再生はできるがmp3に変換できない


●原因
これだけでは原因ははっきりしません。エスパーじゃありません。エラー文をよく読んで原因を切り分けてください。
●対処法
デフォルト設定でよければ、VBRのv2あたりでmp3設定が最初からあると思います。
それで変換できますか?できないのなら可逆の音楽ファイル自体に問題あり(コンポーネントが不備)。
customで外部LAMEを使ってmp3変換する場合は…
そもそもLAMEをちゃんとインストールしていますか?
もしかして、パラメーターの設定が間違っているかもしれません。
CBR192kbpsの設定なら「-b 192 - %d」です。
スペースを忘れないで!半角スペースですよ。%も半角です!

mp3変換の際、変換後ファイルの保存先を指定できない


mp3に変換する際、ファイルの保存先を指定しようとしても、延々「開く」の状態でフォルダ指定できない。
 エラー時のウインドウタイトルは「Please locate lame.exe」
 「ファイルの種類」の部分が「Commandline Encoder」のみしか選べない。

●原因
foobar2000同梱のプリセットを使ってmp3にエンコードしようとした場合、
または、LAMEのインストールが済んでいないか間違っている場合に
lame.exeの場所が不明な為、lame.exeを教えてくれとfoobar2000が助けを求めています。

●対処法
LAMEがインストールしてあるフォルダを指定し、lame.exeを選択。
「開く」をクリックすればOK。

LAMEをインストールしていない場合は、
初期設定編の「mp3(LAME)の設定」の項を参考にインストールして下さい。

mp3をID3v2.3のみでタグを書き出したい


ID3v1を付与せず、ID3v2.3(UTF-16)タグのみをmp3(192kbpsCBR)に書き出す設定。
File - preferences - Advanced - Tagging - MP3

Preffered Tag Writing Scheme を「ID3v2」にチェック
ID3v2 Writer Compatibility Mode...にチェック

lameのパラメーターは
-b 192 - %d

WS000006.jpg
関連記事

スポンサードリンク

Unable to open item for playback (Object not found)
でのcueシート書き換え勉強になりました。
ありがとうございます。
[ 2014/11/01 15:01 ] [ 編集 ]
Re:
情報が少ないので考えられそうな原因をあげてみます。

foobarのopenでcueではなくttaを直接開いてみてください。
曲がつながった状態であっても再生できたらcueの記述間違い。
再生できなかったらpluginがちゃんと導入されていないとか。
しかし他のttaファイルが開けるとのことですから、それは考えにくいですし…。
開けないファイルの拡張子をエクスプローラなどで開きttaになっているか確認してみてください。
ファイル名を短い英数字などに変えてみてください。
ダメ元でwav、ape、tak、flac、mp3などに拡張子を変えてみてください(偽装されている可能性アリ)。
もしかして(tta+cue).mkaを使ってませんか?だとしたらProgram Filesのfoobar2000フォルダのcomponentsにfoo_input_tta.dllをコピーしてみてください。

それでも開けないとするとttaファイルそのものが壊れているかもしれません。

解決を心よりお祈りいたします。よろしくお願いします。
[ 2012/09/22 12:17 ] [ 編集 ]
Unable to open item for playback (Error parsing cuesheet: invalid xxxx syntax (line y)

これを直したら

Unable to open item for playback (Unsupported format or corrupted file)


こうなってしまいました。
ほかのttaは開けました。
もしかしてcueが壊れてしまっているのでしょうか?
foobarは1.1.15でpluginも1.1.x用の最新つかってます。
[ 2012/09/21 22:34 ] [ 編集 ]
Re:
> Unable to open item for playback (Object not found)
> と出たのでCUEの中身をみてみたら異常は無かったのですが、、、この場合はどうしたらよろしいでしょうか?

cueは異常なしのことですのでもしかして違うかもしれませんが
再度cueシートのFILE行をよく確認してみてください。
音楽ファイルによって拡張子が違うのでそこを重点的にチェック。
※FILE行末のwaveはどんなファイルであっても不変のwaveです。

◆正しい例(ファイル名CDImageは仮の名前です)
音楽ファイルが…wavの場合、
FILE "CDImage.wav" wave
flacの場合、
FILE "CDImage.flac" wave
apeの場合、
FILE "CDImage.ape" wave
ttaの場合、
FILE "CDImage.tta" wave
takの場合、
FILE "CDImage.tak" wave
になっていますか?

ほかに考えられるのはFILEのところでパス(ファイルがある場所)が指定されている場合があります
ご自分の環境に合わせて書き換えてください。
ファイル名が長すぎる、中国語になっているなどもあります。
よろしくお願いいたします。
[ 2012/07/06 12:02 ] [ 編集 ]
Unable to open item for playback (Object not found)
と出たのでCUEの中身をみてみたら異常は無かったのですが、、、この場合はどうしたらよろしいでしょうか?
[ 2012/07/05 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。