魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > 日記 > 大河ドラマ「天地人」感想

ついに最終回を迎えました、2009年大河ドラマ「天地人」。
年々、ノリが軽~くなっていくような気がします。


スポンサードリンク

最終回の内容は
息子死んだっ!家康死んだっ!江戸城で回想お話し会っ!夫婦でシルバーフルムーン!かねつぐポックリっ!
これしかおぼえてない…つか、これしかなかった。

イマドキ俳優起用、せいしろう君効果で視聴率はまぁまぁらしいが、1年通して内容は薄かった。
戦国なのに合戦少なすぎとか、家族団らんやりすぎとか、「愛」=LOVEwとか、登場人物浅すぎとか批判は多いと思う。

加えて腐アニオタ的視点から見ると、
なんつーか…「ガンダムSEED的、いや、両澤千晶ちっく」だった。
・回想という名のバンク映像祭
・全体的に大味な演出(例えば初期に多用されたスポットライトとか)
・かねつぐキュンとみつなりキュンの男の友情w
・主人公補正かかりまくり。何もしてないのに周囲から総マンセー
・次回予告・サブタイで釣るわりに本編肩すかし
…あら、種そのまんま。

あと、終盤に鼻についたのが、
フラグ立て&回収(伏線の仕込み&回収)の性急さ。
見逃す人の為とはいえ、
1話でフラグ立てて、その話のうちに回収はいくら何でも早すぎ、安易すぎ。
死亡フラグ立てまくってさっさと登場人物を退場させるパターンが多かった。
最低でも2~3話は伏線キープで話進められないかなぁ?
最近のアニメもドラマも見逃しても影響がないようにつくられている。
途中参加組に優しいのは良いことかも知れないけれど、なんか安易。
昔の大河ってもっと骨太だったような気がするんだけど。

でも、なんだかんだ文句言っても結局1年見ちゃうんだ。
もっと上質なの見せてくれよぅ。受信料とってるんでしょ?

さ、気持ち切り替えて、来年の福山龍馬、坂の上の雲とか(懲りずに)期待しちゃうぞ。
関連記事

スポンサードリンク

[ 2009/11/24 ] 日記 | TB(0) | CM(0) | [EDIT]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク