魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > PC、デジタルTips > Outlook 2003/2007でメールを送信すると添付ファイルがWinmail.dat というファイルになる問題

Outlook2003/2007でメールを送信すると、添付ファイルがwinmail.dat というファイルになったり、本文のみで添付ファイルが消えたりする問題。

けっこう以前からこのトラブルは存在しており、対策はMicrosoftサポートオンラインにも書いてあります。


スポンサードリンク

Outlook 2007 でメールを送信すると、受信者側に Winmail.dat というファイルが添付される
http://support.microsoft.com/kb/941245/ja
Outlook で受信した電子メール メッセージに添付ファイル Winmail.dat が含まれる(Outlook 2003/2002)
http://support.microsoft.com/kb/278061/ja

分かる人は、これらを読んで自己解決するでしょう。
しかし、PCに最初からついていたからなんとなく使っているようなライトユーザーにこの文書の意味が分かるでしょうか?
ちんぷんかんぷんだと思いますよ。

トラブルの原因を簡単に説明しますと…
メーラーがOutlook以外の人に、太字とか赤字とか装飾したメール(リッチキスト形式、TNEF)を送ると、添付ファイルがWinmail.datに化けるようです。
メールを受け取った奴がOutlookを使っていないのが悪い!!とMicrosoftさんは主張しています。ずいぶん傲慢ですね。しかも自社製品のOutlook Express相手でもこの現象が発生します。
Winmail.datを受け取った側は、「読めねぇよ開けねぇよ(゚Д゚)ゴルァ」する権利があります。

そもそも、仲間内ならともかく他人にテキスト形式以外のメールを送りつけること自体が非常識だと思う。最近は広告メールやデコメ感覚のHTMLメールが許容されてきているけど。
リッチテキストは論外だろう。(それとも時代は変わったのか?)
Wordレンダリングで書かれたメールを、相手が100%読めるはず(相手も100%Outlookであるべき)というOutlook様の姿勢がそもそもの原因なのだ。
何も知らずに送った人も、読めなくて困っている人も罪はないよ。安心してね。


解決策はサポートオンラインを読めば済むのですが
あっちこっち飛ばされるのも嫌なのでやり方をまとめておきます。

きほんのき!



  • リッチテキスト形式は使わない
  • Outlook 固有の機能(フォームのカスタマイズなど)は使わない
  • メッセージ本文にWordやExcelのデータをコピペしない

たったこれだけでこのトラブルはほとんど防げますが、気をつけていても発生するから始末が悪い。
以下、解決策をあげていきます。

Winmail.datを避けるための基本の設定


リッチテキスト形式を使わないことが一番重要なポイントです。HTMLメールのつもりで知らずにリッチテキストを送りつけないように設定をします。

  1. [ツール]-[オプション]-[メール形式]タブで、[このメッセージ形式で作成する] を [テキスト形式]または[HTML 形式] にする
  2. [インターネット メール形式]ボタンをクリックし、[Outlook リッチ テキスト形式オプション] を [HTML 形式に変換] または [テキスト形式に変換] にする
  3. 電子メールの編集にMicrosoft Office Word2003を使用する
    リッチテキスト形式の電子メールの編集にMicrosoft Office Word2003で表示する
    のそれぞれのチェックが入っていたらチェックをはずす。
    (Outlook2007はメール編集画面を強制的にWord2007使用なのでこの部分の設定が出来ません(゚Д゚))


アドレス帳の設定


特定の相手が確実にOutlookでないと分かっているなら、そのアドレスにはリッチテキストを送らないようにアドレス帳の設定をしましょう。
(全員まとめて設定したいところですが、一人一人設定しないといけないようです(゚Д゚))

  1. [ツール]-[アドレス帳]で設定したい人の欄をダブルクリック
  2. 電子メールアドレスをダブルクリックしてプロパティを開く
  3. [インターネット メール形式]を[テキスト形式で送信]にする


新規メッセージ作成の際の注意


新規メールはリッチテキストで書かないこと!!!!!

[アクション]-[新しいメッセージの形式]-[テキスト形式] または [HTML 形式] のいずれかをクリック。
または

  1. [ファイル]-[新規作成]-[メッセージ]で新規メッセージ画面を開く
  2. 画面上部の[メッセージ形式]を[テキスト形式] または [HTML 形式] にする


最終手段!レジストリでエンコードを設定する


上記の設定を行っても、またリッチテキストでメールを書かないようにしても、Winmail.dat現象が起こることがあります。
最終手段として、レジストリを編集して、強制的にリッチテキスト形式(TNEF)で送信しないようにできます。
(レジストリの編集は、慣れない人がやるとPCクラッシュの危険があるので、細心の注意を払って設定してね)

◆Outlook2007の場合
レジストリ キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
データの名前: DontEncodeCustomNote
データの種類: DWORD
データの値: 1

(Outlook 2003は、バージョンのところは「11.0」です)
分かる人はこれだけで十分でしょうが、一応細かくやり方を説明します。

Windows XP

  1. [スタート]→[ファイル名を指定して実行]→regeditと入力→OK
  2. レジストリ エディタが起動するので、下記のレジストリキーを探す
     Outlook2003の場合 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options\Mail
     Outlook2007の場合 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
  3. [Mail] を右クリック →[新規] → [DWORD値] をクリック
  4. 新しい値に DontEncodeCustomNote と入力
  5. DontEncodeCustomNote をダブルクリック、値を 0 から 1 に変更する
  6. [OK] をクリック、レジストリ エディタを終了
  7. PC再起動


Windows Vista

  1. [スタート]→[検索の開始]ボックスにregeditと入力しEnter
  2. レジストリ エディタが起動するので、下記のレジストリキーを探す
     Outlook2003の場合 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options\Mail
     Outlook2007の場合 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
  3. [Mail] を右クリック →[新規] → [DWORD(32ビット)] をクリック
  4. 新しい値に DontEncodeCustomNote と入力
  5. DontEncodeCustomNote をダブルクリック、値を 0 から 1 に変更する
  6. [OK] をクリック、レジストリ エディタを終了
  7. PC再起動


Outlook2007用 レジストリ編集でTNEFをオフにする方法


Outlook2007の修正プログラムを適用し、レジストリ設定することで、TNEFをオフにすることが出来るようになりました。
そのかわり、Outlook独自の機能(TNEFを使用する機能)に多少の制限がかかります。
(レジストリの編集は、慣れない人がやるとPCクラッシュの危険があるので、細心の注意を払って設定してね)


  1. まずOutlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook.msp)を適用する(既に適用済みならスルー)
    http://support.microsoft.com/kb/957692/
  2. レジストリ エディタを起動し、下記のレジストリキーを探す
     HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Preferences
  3. [編集]メニュー → [新規] → [DWORD 値] をクリック
  4. 新しい値に DisableTNEF と入力し、Enter
  5. DisableTNEF を右クリックし、[修正] をクリック
  6. [値のデータ] ボックスに1 と入力し、OK をクリック
  7. レジストリ エディターを終了
  8. PC再起動

    ブログランキングに参加しています。良かったらポチっと押してくれると励みになります。

    関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク