魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 2008年4月期アニメ新番組チェック 「図書館戦争」第1・2話ホーム > アニメ感想2008 > 2008年4月期アニメ新番組チェック 「図書館戦争」第1・2話

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

図書館戦争(フジテレビ) 木曜 24:45~
× すみません。第1話Aパートで早々にアンチ化しました。
開始10分でここまで読み取るってある意味凄いかも。切り。1話切り。

原作未読です。
いちおう、自分は司書資格もってるんですが…コレは色々ヒドイ作品だね!
設定が破綻しているのが痛い、痛すぎる。

児ポ規制とか笑えない現実もあるし、検閲が正しいとは思わない。検閲は怖いことですよ。
でも、「メディア良化法」という法律に基づいて活動する検閲隊に対し、「図書館法」に基づいて武力で対抗するって…バカじゃないのwwww
それって、この国は法律で認められた内戦状態にあるってことよ?意味不明・支離滅裂。
いや、そもそも日本国憲法はどうなったのか?表現の自由は?
新元号になってるし、もしかして憲法消えた?共産党涙目wwww

真面目な話、
検閲するなら出版させるなよ。出版後図書館に収録されてから検閲するなよ。
童話や絵本までが検閲対象になってるって相当異常な状態であると思う。
そもそも図書館員が銃火器もってる時点で激しく違和感。
命かけて守るものが表現の自由って…。

作者はいったい誰に取材してこの設定を考えたんだろう?
思想善導が大嫌いな、公務員のクセに国家が仮想敵のキチ●イ誇大妄想の図書館員だったりして。
フツーに「中小レポート」とか「図書館の自由に関する宣言」とかサラッと出てくる時点で相当ヤバイ。
日本図書館協会が名前を貸すということは「国の検閲に対し武力でもって抵抗してもやむなし」と思っていることに他ならない。
どうなのよこれ。

冷静に考えれば、
この設定は「戦い」というシチュエーションのための「舞台」にすぎない。
ただ軍隊モノをやりたいだけ。
そして軍隊設定さえも、鬼教官とヒロインの砂糖ゲロ吐きまくりの甘甘ラブコメをやるための道具でしかないのだよ、この話は。

つまり全ての設定のアラに目をつぶって、ウザイ熱血バカ女のドタバタラブコメを楽しめってこと?
アホか。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。