魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > PERSONA -trinity soul- 第4話「くじらのはね」感想ホーム > アニメ感想2008 > PERSONA -trinity soul- 第4話「くじらのはね」感想

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

神郷3兄弟の絆をじっくり描いた回。
洵くんのケナゲな思い、洵くんペルソナ覚醒、諒兄ちゃんはツンデレ兄貴、という話。
 (東京MXテレビ 土曜22:30~)


スポンサードリンク

洵くんの中には死んだ双子の女の子ユキがいた!
二重人格というより人格共存状態でかわるがわる出てくる。
そりゃ言うことやることがチグハグになるわ。それでイジメられていたと。
なるほど、だからみゆきちの声色がコロコロ変わっていたのか!納得。
(こういう演技は流石に巧いなみゆきち様)

慎は諒兄ちゃんに自分たちが引っ越して来たのが迷惑だったのか問う。
兄ちゃんに冷たく肯定され言い争いに。
諒のそっけなさと暗証番号など兄弟愛の温度差に気付くとは鋭いね。
そして、洵くん失踪。
兄弟仲が険悪で傷心の洵くんは両親の形見「くじらのはね」に願いごとをするために海に向かう。
なんだかんだ言っても、洵がいないと聞けば急いで駆けつけて来てくれる諒兄ちゃん。
諒兄ちゃんはこの事件に兄弟を巻き込みたくなかったで確定だな、こりゃ。
慎から、謎の赤い髪の少女とくじらのはねの話を聞いて、洵くんの居場所にピンときたらしい諒。

駆けつけた慎と諒が見たものは洵の双子ユキの姿。そしてペルソナ発現。
倒れた洵くんに真っ先に駆け寄る諒兄ちゃん。
いい加減素直になれよ!このツンデレ兄貴め。

兄弟の絆に何か思うところあったのか、慎は刑事さんに情報を売るのをやめましたとさ、ちゃんちゃん。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PERSONA -trinity soul- 第04話「くじらのはね」の感想。
PERSONA -trinity soul- 第04話 「くじらのはね」 評価: ── この街を出ていけ。 言われたかったな、私も・・・・・・ ...
[2008/02/01 02:26] いーじすの前途洋洋。
PERSONA-trinity soul- 第4話「くじらのはね」 今まで隠しててごめん
PERSONA-trinity soul- 第4話「くじらのはね」 実はボク…   
[2008/01/30 03:53] 裏オタク
『PERSONA -trinity soul-』第3,4話まとめて感想
サボっていた分をどうにか取り戻さないとね。つーわけで3,4話感想ですがな。さすがに次回からは1話ずつ感想書くよ。 第3話『マレビト』 守本さんたちをレイープしようとしてた連中が口笛吹いたのには吹いた。第1話の「マッポ」発言といい、なんだか古風なチンピラ
[2008/01/30 01:06] 自分部活のメモ(ry
ペルソナ PERSONA-trinity soul- 第4話「くじらのはね」
アトリエから見つかった絵本『くじらのはね』。 慎たちの両親が最後に書いた作品…。 兄弟3人だけになったけど、むかしのようになれるかな...
(アニメ感想) PERSONA ペルソナ -trinity soul- 第4話 「くじらのはね」
PERSONA-TRINITY SOUL- かつて両親の仕事場だった生家のアトリエで、思い出の品を探しあてては慎に見せる洵。日頃の愛想が良いとは言えず、どちらかといえば天邪鬼な弟のしおらしい態度に少し戸惑い気味の慎。亡き両親の最後の共著である絵本『くじらのはね』を見つけ
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。