魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > 蒼穹のファフナー 年末スペシャル RIGHT OF LEFTホーム > アニメ感想2006-2007 > 蒼穹のファフナー 年末スペシャル RIGHT OF LEFT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

どっひゃあ!種の直後に見るとレベルが段違いだよ。サイコーです。
ファフナー好きなら一度は望んだだろう「全滅END・救いようのない鬱展開」を真正面からかましてくれました。
多くの犠牲の上にある楽園・竜宮島。ひとたび真実を知ればもう元には戻れない楽園。
私は、そういうのをファフナーで見たかったのだ。
「僕たちは常に誰かが勝ち取った平和を譲ってもらっているんだ。たとえそれが一日限りの平和だったとしても、僕はその価値に感謝する」
一騎たちが知らない過去をひとり背負って、シリーズ本編で総士は何も語らずに一人痛みに耐えて戦っていたんだな。・゚・(´Д⊂ヽ・゚・
僚と祐未の物語はひたすら切ない。いやもう「泣け」といわんばかりの演出のてんこもり。
うぶたんGJでした。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。