魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > アニメ感想2008 > 破天荒遊戯 第1話「永遠のともしび」感想

マンガ原作。魔法使いの少女がイケメン2人を従えて冒険の旅をする話。
キャスト ラゼル:小林沙苗/アルゼイド:櫻井孝宏/バロックヒート:三木眞一郎
 (チバテレビ 月曜26:10~)


スポンサードリンク

展開がメチャクチャ。脚本演出コンテやった奴出てこい!しばくぞゴルァ。
ヒロインが家を追い出されて都合良くアルゼイドに出会ったと思ったらいきなり幽霊退治しているし。いつの間にかバロックヒートが仲間になってるし。
わけわからん。わざとなのか?
話の展開を絵で見せずに台詞で説明させようとするのは非常に良くない。
これは「破天荒」ではなく「荒唐無稽」の間違いじゃないの?
高飛車ヒロインも悪くはないし、アルゼイドのキャラも面白いのに残念だ。
沙苗・櫻井・ミキシン、ゲストキャラも豪華なのにこれでは声優の無駄遣いだよ。
× 1話切り。
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

(アニメ感想) 破天荒遊戯 第1話 「永遠のともしび」
破天荒遊戯 5 (5) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) 父親の「世界を見たいと思わない?」の一言で旅に出ることになった14歳の少女ラゼル。途中、アルゼイドと言う名の一人の男に出会うのだが・・・。
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク