魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > 日記 > HD Recは救いの神となるか

次世代レコーダーの発表がだいたいそろいましたね。
各社がそろって出してきたネタが「高圧縮技術でハイビジョンをDVDに保存」。

H.264」(MPEG-4 AVC)という動画圧縮技術を用いて、ブルーレイかHD DVDでしか残せなかったハイビジョン放送をDVDにも保存できるらしいです。

これは、すごいかもしれないぞ。
次世代メディアはドライブもメディアもまだまだ高価。
安価なDVDでデジタル放送(TS)をそのまま残せるのは魅力だ…。
で、次世代メディアの値段がこなれてきたら、そっちに移行という選択肢が出来たから。

今回、ソニーも松下もH.264対応機を出してきたけど、BD陣営なんだよね。
だから、同じH.264でも東芝の「HD Rec」とは互換性がウムム…らしい。
編集機能はやっぱり東芝がいいから、私は「HD DVD」ガンバレ派。
でも、
将来廃れるかもしれないメディアで、コピー制御がある物を残すのは不安だ。

はやくブルーレイ か HD DVD か勝者を決めてくださいよ。

「DVDにハイビジョン録画」はBD陣営の自己否定――東芝・片岡氏 (ITmedia+D)
やっぱり、本質は長時間記録であって、例えば、1時間ドラマを記録するのであれば、安いメディアに記録できるなら、それは悪いことではないと思います。メディアで決めるのではなく、ランニングコストで決まってくるのではないでしょうか。

片岡さんはわかってらっしゃる。さすが神。
彼の、ブルーレイ陣営のH.264対応の自己矛盾の指摘はごもっとも。
がんばれ、芝。
関連記事

スポンサードリンク

[ 2007/11/02 ] 日記 | TB(0) | CM(0) | [EDIT]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク