魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > PC、デジタルTips > MS-IMEのユーザー辞書が消えた

ダンナのメインPCでトラブル発生。
「MS-IMEのユーザー辞書に登録した単語が消えた!」ということらしい。
バージョンはIME2002。
ユーザー辞書の修復をしてみたが、だめポ。

マイクロソフトのサポートオンラインで調べたところ、ありました。
http://support.microsoft.com/kb/292149/
ユーザー辞書に登録した単語が失われる

この問題は、ユーザー辞書ファイルの最大サイズが 64 キロバイト (KB) であるために発生します。新しい単語をユーザー辞書に追加したときに、ユーザー辞書のファイル サイズが 64 KB を超えた場合、登録した単語の大部分 (またはすべて) が消えます。

回避策
登録されている単語のうち不要なものを定期的にユーザー辞書から削除します。

MS-IME2002のユーザー辞書には64KBの壁があり、それを超えるとユーザー辞書は強制あぼーんです。
つまり仕様ってことです。不具合ってことです。

……おい。MSよ、お前はアホか?なめとんのか?
64KBって、辞書登録大好きっ子には拷問だろうが!
回避策も全然「回避」になってないよ!修正する気もないようだし。

どうしてもMS-IMEを使いたければユーザー辞書の定期的バックアップと登録単語のダイエットを心がけることが回避策ですね。

こんなアホバカIMEなんて使ってられるかっての!
ってなわけで、ダンナPCにATOKをぶち込んでおくことにしました。
(ちなみに私のメインPCではATOKを使ってます。イイコです)
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク