魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > アニメ感想2006-2007 > ガラスの艦隊 第3話「運命のごとく…」

真面目にバカなことやっているからこその面白さ。これは絶対ギャグアニメだよね。
トンデモ宇宙設定は、GONZO大好きだから慣れてるし、ぜーんぜん無問題。
聞いていて恥かしくなるオサレセリフは、宝塚歌劇で鍛えられているから、ぜーんぜん無問題。


スポンサードリンク

空気のある不思議な宇宙なのに、惑星に降下するときに大気圏突入描写がある不思議。
宇宙統一する野望があるのに、宇宙の事情を何もご存じない疾風のクレオ様。
占いに頼らなくても強大な力がある新皇帝なのに、わざわざ預言者に会いに来るヴェッティ様。
魂が汚れるとか大騒ぎしながらティーセットはちゃっかり持ち歩くおじいちゃんとメイド。
おっもしろいよねぇ~ たのしいよねぇ~ 大好きだよGONZO!

惑星に着いたとたんミシェルたんの戦艦が一瞬でペシャンコに。
戦艦を一瞬でスクラップにできるプレス機がガラ艦ワールドでは最強の武器と判明しました!
疾風のクレオ様とミシェルたんは吹雪の中預言者に会いに行くけど、そんな軽装では凍え死ぬってば。ガラ艦ワールドでは吹雪は全然寒くないようです!
突然わけわからん理由で決闘をおっぱじめる二人!なんつーかその…仲良しなんですねv
からくり人形のオババ預言者はクレオ達にもべっちー達にも同じ事言ってるし。この悪オババめ(笑)
べっちー様は皇帝なのに何故場末の酒場なんかに立ち寄ったのかな?
ライバル同士が序盤でニアミス?清々しい程の御都合主義バンザイ!

◆今回の疾風のクレオ様の迷セリフ
「俺は好きなものしかポケットに入れねえんだ。一度入れたからには必ず守ってやる」
クッサー!!(褒め言葉)ふーん、とりあえずミシェルたんはポッケに入れたんだね。好きなんだねv

どうでもいいけど(いや、どうでもよくない)ミシェルたんは男なの?女なの?
このテの話は「実は女でした!」っていうサプライズはお約束なので、絶対女だと思うんだけど。
どっちともとれる名前、つるぺた~んの胸、全然美しく描いてもらえない作画…あやしいな。お稚児遊び好きのべっちー様が激LOVE(=ウホッ?)、クレオの「坊ちゃん育ち」発言もあるし…ますますあやしいな。
もしかして男だったりして!?

◆メモ
カラクリオババ預言者のオコトバ
「双頭の鷲、生まれる。一つは鉄の鎧をまとい、一つは愛の神とならん。やがて二つは一つとなりて、この銀河を一つにせしむ。」
誰が誰なんだろうね~(笑)
関連記事

スポンサードリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガラスの艦隊 第3話
サブタイトル「運命のごとく…」  同じ預言者から、同じ預言を受けるクレオとヴェッティ。  運命とも言うべき邂逅が、ふたりを待っていた。  以下詳細  ***********
今日のガラスの艦隊・3話
ミシェル個人にはちゃんと預言をしておきながら、クレオとヴェッティ二人には同じ預言をしてたギルティ婆さんは結構いいかげんだと思います。もしくはわざわざ「予言(未来を伝える)」のではなくて「預言(誰かの言葉を預かり伝える)」って言葉を使ってたのは何かの伏線..
ガラスの艦隊 第3話「運命のごとし…」
ガラスの艦隊公式ホームページアニメ・パプリカ宇宙育ち(?)が、いきなり大雪の惑星は辛いだろう。だいたい、ミシェルは寒くはないのか?そんなミシェルは、艦を売り飛ばされ怒ってるけど、クレオのワンマンぶりにはもっと注意しないとね。当のクレオは、....
ガラスの艦隊 第3話感想
 白ニーソのメイドさん、応援するであります。 名前は、シルア・萌え・シルバネールというらしいであります。 CVは伊藤静サソであります。
[2006/04/26 01:23] 少年カルコグラフィー
運命のごとく…
いいかい?私が強く望めば、宇宙の全てが私に手を貸してくれる。だが、行くべき道を見誤ってはならない。私の行くべき道は光り輝いている。私はその定めに、最期まで従うまでだ。石田彰万歳!!
[2006/04/25 20:18] tune the rainbow
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク