魂の避難所 -パソコン関連トラブル解決メモ-
ホーム > スポンサー広告 > ノエイン もうひとりの君へ 第9話「トキヲコエテ」ホーム > アニメ感想2004-2005 > ノエイン もうひとりの君へ 第9話「トキヲコエテ」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [EDIT]

ユウママンが過去に飛ばされてしまった!の巻。
ママン話で丸々1話使うとは思わなかったよ。アイとの喧嘩話みたいに後々の話に影響及ぼすのかな?
とにかく!若ユウママン可愛いよ!可愛いよママン!




スポンサードリンク

ユウを取り返しに来たユウママン(美有樹)だったが、ハルカママン(明日香)の天然ペースに乗せられて朝からワインをハイペースで飲んでしまう。
いきなり自分の事をまくしたてる美有樹の酔っぱらい方は、かなりストレスため込んでるなと一見して分かるね。
ユウに東京の中学受験を強制するのは、ユウと姉を重ねているからだと美有樹の口から語られる。
でもママン、ユウはどう見てもママン似ですよ。見た目も性格もテンパリ方もw

明日香が追加のワイン買い出しに行っている間に、美有樹はハルカとの接触&トラウマスイッチ発動で過去へ飛ばされ消えてしまう。
飛ばされた先で美有樹が見たものは、中学生の頃の美有樹と明日香。場所を変えずに時間だけさかのぼったわけですね。
家出を持ちかける美有樹、のんきな明日香…家出も函館山に登っただけ。
うはは!親子だねぇ。ユウとハルカとやっている事が同じ(笑)
過去を見ることで、姉が死んでから母親が自分を見てくれないと思い寂しかったこと、心配して訪ねてきた母親をみてそれが勘違いだったことを知る美有樹。
満たされた気分のところをハルカが助けに来てくれて現代に戻れた!めでたしめでたし。
ママンが優しくなって、これでお受験鬱のエピソードは一段落かな?
ユウが精神的に縛られる要因が減るわけだから、今後は本格的に対ラクリマ話にシフトしていくと予想。

今回のもう一つの重要イベント、ユウとカラスのご対面はカラスの一方的な脅しで終わってしまう。
カラスからしてみれば、ユウの弱さがハルカを失う原因と思っているから、ああいう形でしか話せないのだとは思うけど、いきなり「俺はお前だ!」とか言われてもワケワカメだろうよ。
どちらも同じようにテンパり気味で相手の話を聞かないのはさすが同一人物だが、大人なんだから愛しのハルカたんに対するように優しく教えてあげてよカラスさん!
ハルカは、ハッキリと「カラス=15年後のユウ」と言っていた。前回カラスはそれについて否定も肯定もしなかったが、ハルカは真実を正しく理解していたようだ。
カラスの助言を得て自らの力をすんなり自覚するあたりは現実への順応性が高い彼女らしい。
一方ユウは、この怖いヒト=僕?エエエエエ?状態のところにハルカとカラスの心通じ合った様子を再び見せつけられ嫉妬。その上ハルカの不思議パワーを見てしまい何コレ??状態で今回も良いところ無し。

竜のトルクを発動させるハルカちゃん凄ス!
手をかざす動作が某神様の「かーみーちゅー!」みたいですってばw
竜が家を取り囲みぐるんぐるん回るCGがすごい迫力。めちゃくちゃ気合入ってる!ありえねえ!
あの竜が時空をうごかす力を持つというのは分かった。その主がハルカだということも分かった。
竜のトルクの力を目の当たりにするカラスの表情がせつないね。
その力故にラクリマをはじめ並行宇宙全ての運命のカギを握っているわけだし、アトリ達やクイナ達に狙われる理由でもあるし。

次回、第10話「アラシノヨル」はアトリ大暴れの予感!?ワクテカでお待ちしております。
関連記事

スポンサードリンク

このアニメはオトメイトのCLOCK ZEROにパクられまくっています

CLOCK ZERO~終焉の一秒~のアンチwiki@ パクリ問題など
http://www50.atwiki.jp/clockzero-pakuri/

CLOCK ZERO】と【ノエイン もうひとりの君へ(2005年10月11日から2006年3月31日放送)】の共通点


・小6女児のヒロインが、量子爆発で荒廃した未来世界に拉致されてくる
・拉致の際には「時の停滞」が始まって、空の色(赤)、建物の色(青)が両作品とも同じ色に染まり、数人の男達がヒロインをとりあう
・「時の停滞が始まった…」とまんま同じ台詞をつぶやく人物がいる
・この世界では完全に時をとめることはできなくて減速することしかできない
・壊れた近似値の未来世界におけるヒロインは、死亡or眠り続けている
・複数の時空を行き来してるメンズがいるが、座標のズレや体への負担を生じるらしく、両作の男ともに、「…また座標がずれた!」などと同じ台詞を呟いている
・時空移動する男達の中に「放浪者」と呼ばれる男が居る
・壊れた未来世界の男達には違う呼び名がある(例・理一郎→ナイト/ユウ→カラス)
・君(お前)のいない世界なんていらない、と言う男がいる
・↑彼はヒロインを交通事故で失った(死亡or眠り続ける)ことにより、世界を恨み、性格に異常をきたした
・彼は一緒に悲しみや不幸のない正しい世界をつくっていこうとヒロインに手を差し伸べる未来世界の最高権力者
・↑彼はヒロインの側にいる「別時空の自分」を妬んで、苦しめようとしている
・妹と友人を失ったことで狂気をはらみ、自分の企みにヒロインを巻き込んだ金髪の外人男。
・その金髪外人男が、妹の代わりに他の娘(何故か 日本人の娘が妹に似ているらしい)に安らぎを見出し始める→その娘に引きとめられても死を選ぶ道を行く
・不審なマント男の正体は近似値の未来からやってきた幼なじみで、そいつがヒロインを助けるために組織を離反する
・↑彼は自分の時空のヒロインを助けてやれなかった罪悪感に苛まれている
・マント男はヒロインの時空でその服装を怪訝な目で見られたり直接言われても、あくまでその格好で行動、闊歩する
・また、その幼なじみの幼い頃の性格は気弱であり、大人に成長した後に過去の自分を見て歯痒く思っていて、過去の自分に向って貶す発言をする
・ヒロインを助けることだけを最優先して決死の覚悟をした幼なじみの大人バージョンが元の世界に帰してくれる
・未来世界には対立する勢力があって、ヒロイン奪取をどちらの派閥も企んでおり、その為、度々未来から怪しい人物が時空移動していた
・未来世界で再会した友人たち(全員大人)は、ヒロインを知らなかったり覚えていない時空があり、しかもその友人たちばかりが、各組織の要職についている
・過去から未来で容姿や言動が変わりすぎてて 「あなたは○○じゃない! 昔の○○はそんなんじゃなかった!」と ヒロインに言われるキャラがいる
・ヒロインは色んな時空(実際見たことのない光景など)を見ることができる
・ヒロインが拉致されて目が覚めると質素な部屋のベッドに寝かされており(部屋がもう本当にそっくり)直後にバイタルサイン(体温や血圧、呼吸、脈拍など)を測られた
・厳重監視の監禁部屋から、腹痛という仮病を使ったくらいであっさり逃亡できてしまう(何故か廊下にも出入り口にも警備員1人いない )
・壊れた世界の居住区(名称も同じ、人々の力なくうなだれた様子や背景までそっくり)をさまようヒロインに誰も気を留めない、声をかけてくれたのは元の世界の知り合いに似た人だけ
・幼なじみはヒロインに「お前、忘れているんだろう」「お前は忘れていても俺(僕)は覚えている」などと言う(このやりとりは数回ある)
・世界の再構築ができる
・ヒロインの関係者に量子実験をさせたがっていた男が、脅迫電話をかけたことがある
・小学校時代彼からもらった手作りストラップを、大人になって年季ものになってっしまっても、大切に所有している女の子がいる
・ヒロインの夢を見る時の台詞が「また、夢をみてる…不思議な夢…」(ノエインでは次週予告の冒頭に毎回ヒロインの声で)
・ヒロインが別時空の友人たちの未来を連続的に見るシーンがある

[ 2014/03/07 17:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

トキヲコエテ
アトリが出ないので簡潔に行きます。ユウママが主人公なので少佐がたくさん喋ります。
[2005/12/16 10:46] tune the rainbow
ノエイン もうひとりの君へ 第9話
夜明けの足音 (TVアニメ『ノエイン もうひとりの君へ』エンディング主題歌)  サブタイトル「トキヲコエテ」  ハルカは自らの力で時空を切り開いた!  以下詳細  ***********
★ノエイン??もうひとりの君へ?? 第9話 「トキヲコエテ」
【公式】今回はユウママンの話。ユウママとハルカママは友達なんですね(笑)あがって
[2005/12/11 08:37] 48億の個人的な妄想
ノエイン・第9話
「トキヲコエテ」 ハルカの家に押しかけたユウの母親。ユウを出せ、とハルカに迫る。
[2005/12/10 04:40] たこの感想文
(アニメ感想) ノエイン もうひとりの君へ 第9話 「トキヲコエテ」
どうでもいいけどユウのお母さんって妖怪だな。凄い怖い顔してるんですけどなんとかならないの?でも、ハルカのお母さんも凄い唇ですな・・・このアニメの作画って結構クセがあるんですよね。まあ、動きが凄いのでいいのですけどね。やっぱりアニメは動かしてナンボだからち.
ノエイン もうひとりの君へ第9話感想。
←ハルカ。どうでもいいけどこの服の後姿って上半身だけ見ると裸エプロンに見えてしまって仕方ありません…(いや待て)(※画像クリックで原寸表示されます)そんな訳で(話が繋がってません)ノエイン第9話の感想、いってみようかと…。…てか今回見てて思った事。ハ...
[2005/12/08 19:45] +落描き雑記+
ノエイン もうひとりの君へ #09 「トキヲコエテ」
わお!ハルカママの降臨で何かおかしな展開になってきたぞ今週でやっとノエインが分かってきた気がしたどうせ来週になればまた分からなくなりそうだけどな^^;
第9話 「トキヲコエテ」(ノエイン)
~姉さんに取り憑かれた家庭~アスカのペースに完全にはまってしまうミユキ。酔いつぶれたミユキはちょっといい人のようになっちゃいました。あれだけ恐ろしいママンも酒には弱かったんですね。なるほど!ユウをエミ姉さんのようにするのがミユキ母さんの目的ら...
[2005/12/07 22:52] アニメっと!
ノエイン もうひとりの君へ 第9話
「トキヲコエテ」カラスVSユウ×ハルカ万歳!!な気持ちもあるのですが、今回の見所はやっぱりユウのヒスママの気持ちが分かったことですね。ハルカママもすごい。ハルカに輪
[2005/12/07 22:16] ラブアニメ。
ノエイン #09 「トキヲコエテ」
千葉テレビ組を録画している友人が居ましたので、ゴチソースさせてもらいました。それにしても、ノエインは物語の先が全く読めないので、いい裏切り方してくれるなぁ。せっかくなので
[2005/12/07 21:56] 師匠の不定期日記
ノエイン もうひとりの君へ 第9話「トキヲコエテ」
うを、ノエインにアバンが入ったぜ?こんなことあったっけか?そんなびっくりもありつつリアルタイム感想ね☆にしても、ハルカのお母さんはよくハルカのことわかってるなぁ。いいなぁ。はい、Aパート始まりました!いきなりカラス×ユウキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!バロンも
[2005/12/07 20:33]  はちみつ水。
ノエイン もうひとりの君へ 第9話 「トキヲコエテ」
今回は子供を脅したり、たぶらかしたりするカラスが拝めます(違。という訳であらすじ&感想どうぞ↓先週の続き、ユウを探しにハルカの家へやって来たユウ母(美有樹)。いきり立つユウ母に、能天気なハルカ母(明日香)が迎え討ちます。朝っぱら...
ノエイン もうひとりの君へ 第9話『トキヲコエテ』
何でも語り合える親友がいるって、いいよね(*´∀`)b今週はまた新たなノエインの魅力に触れられた気がします。しかしなー、最近こういうエピソード弱いのかなぁ…。涙腺展開(??
[2005/12/07 15:58] モノラルの奇妙な1日
スポンサードリンク
twitter
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。